第16回 薬と顎関節症との関係

魚が静止している時、頭のエラが動き尾がわずかに左右に動かしているように人間も頭蓋骨とおしりの真中の骨(仙骨)の間がシーソーの様に体の上部と下部がゆっくりとシーソーの様に動いています(屈曲→伸展→屈曲→伸展→・・・)

これが病的な状態になりますと動きが鈍くなるか動かなくなるかどちらかです。(脳脊髄液の流れが悪くなると言うことです。)
病的な体が体に合わない薬を服用しますと左右の足の長さがよりいっそう左右差が大きくなります。
体に合った薬なら左右の足の長さが同じになるハズです。(食べ物も同じです。新鮮な食品と腐った食品を比較して下さい。又は精製した塩とあら塩というように・・・)

又、左右の足の長さが違うということは肢関節・骨盤がズレ・捻れをおこしているだけでなくおしりの骨盤と肩とが逆方向に捻れ(ぞうきんで水をしぼるように・・・)頭蓋骨も左右に逆方向に捻れ又左右が上下方向にズレ首の骨上部と下部が逆方向に捻れます。
そしてさらに長期間合わない薬を服用し続けますと外的障害をうけた状態になります。その時、首の骨はすべてが同方向に捻れをおこしております。
本来ならば大きく捻れた骨を元の状態に戻す為に上下の骨は逆方向に捻れています。

この様に体に合わない薬を長期間服用していますと、歯の咬み合わせの調整・歯の治療をすればする程ドロ沼へ入る事になります。繰り返し申し上げますが頭蓋骨が捻れているということは体全体が捻れているということです。
それでは顎関節症を治すとなりますと首から下を先に調整し、そして頭蓋骨の調整を頭の外から又口の中へ指を入れて調整してからマウスピースでの調整・または歯の咬み合わせ調整をしなければなりません。

ですから5年10年では1人前に治すことは出来ないのです。15年・20年(経験ではなく)と教わってこの位要します。ですから日本だけでなく世界的に顎関節症を本当に治せる医療機関が少ないのです。

又私どもは患者さんにどうしてこんないいものを後世に伝えないのかと言われますが、誰にも習っていると言わないように・・・とストップをかけられている為に誰にも教えることが出来ないのが現状です。

言い忘れましたが健康食品のサプリメントも同じものを長期間飲んでいますと内蔵のどれかが悪くなっていると言われています。普通の食品を食べることにより内臓から酵素を出して分解し吸収するのですがサプリメントはストレートに吸収される為どこかの内臓が働かなくなり機能が低下し弱り悪くなると言われています。その為に一生飲み続けなければならないと言われています。そこで体を元の状態に戻すには体の調整、内蔵の調整をやるしかないと言われています。また期間は半年位要するといわれています。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

posted by 顎関節回復センター(顎関節症の治療) at 18:33 | Comment(0) | 顎関節と体全体の関係 顎関節症の治療 臨床・研究レポート
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

▲ ページの先頭に戻る

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療
顎関節回復センターの更新情報 歯科医院併設の顎関節症治療院

▲ ページの先頭に戻る