第17回 おしりの尾骨と歯の噛み合せとの関係

おしりの尾骨は船でいいますと進む方向を決める舵(カジ)に相当するところと言われています。このおしりの尾骨は上下の歯の咬み合せた時、歯の高さが高すぎますと、尾骨の先端は前方へ曲がります、そして背骨は生理的湾曲を直の状態(S→|)にし、(おおげさに言いますとお腹を出して胸を張った状態でさらにひどくなると腰椎のスベリ症に進んでいきます。)体の機能を効進させます。

効進することにより、安定剤が必要となります。逆に低くしすぎますと、機能の低下し尾骨の先端は後へ曲がります。
そして顔を前に出した様な、ねこ背の状態になります。

老人が背中が曲がったりするのも尾骨は後へ曲がった状態になっています。

老人は顔にシワが出来、年をとるに従って身長も低くなるのは背骨の骨と骨との間の椎間板軟骨が水分が少なくなり、厚みが少なくなり、厚みが少なくなってきます。パンで言いますと出来たてのパンはフワフワしていますが、数日経って水分の無くなったパンは固くなってしまうように、背中の曲がった老人の歯を無理をして上下の歯を高くしますと、背中が曲がった老人の場合の椎間板軟骨は前側は後側よりも厚みが少ないものを、歯の高さを上げて、背中を真スグにさせると、老人の骨はもろい上に後側の椎間板軟骨は圧迫されて、後側に背中から各内臓に通じている神経が異常をおこし、老人の場合は2年以内に死ぬと言うのはこのことです。

老人の場合はこの様にならない為に現状のままで、高さを維持させるのが普通です。そして、上下の歯の高さはそのままで、左右の顎のズレだけを治すことです。

上顎と下顎がズレていますので、上下の歯の噛み合せの高さを高くすればする程、不安定となり噛めなくなり、低くすればする程安定がよくなり顎がズレてもなんとか噛めるものです。そして、左右の尾骨の曲がりは噛み合せの低い側へ曲がります。
又、歯の噛み合せが自分でも、どこで咬んでいいのかわからない、つまり下顎が前へ出して噛んだり又後へいったり、下顎が片側へズラして噛んだりして噛むたびに位置が変わるのも尾骨が異常でおこしています。
尾骨を治すことにより、ウソのように噛む位置が定まります。このように、おしりの尾骨を左右のズレもなく前後のズレもなくした状態にしますと、頭が軽く、足腰も軽く、体の調子(内臓)の調子も良く、体も軽くということになります。
又、自然治癒力も増します。

歯の咬み合せは、ただ歯を上下にしっかりと咬ませばよいものでなく、頭蓋骨の左右の脳の辺りの異常反応(例として体の左側の水臓が悪いとしますと、背骨の上から6番目の骨の辺りから出ている神経が水臓を支配しています。脳は反対の右側の脳に異常反応を示します。そして歯は上下の歯を咬み合せた時に糸切歯(犬歯)1本奥の歯が低いです。背骨の上から6番目の骨が右回転変位をおこしているならば反対側の左の糸切歯(犬歯)の1本奥の歯の咬み合わせが低くなっています。そこを少し高くしっかり咬ませますと脳及び水臓の異常反応が消えます。)顎関節症は頭蓋骨の左右の側頭骨がお互いに逆方向に捻れ、左右の側頭骨が顎関節症側へ傾いています。これを治し左右の顔面骨の上下のズレ、前後のズレを治し、内臓が右か左かどちらが悪いのか調べ、左右の骨盤の高さ、左右の肢関節、左右の脚のヒザ等を見て、そしておしりの尾骨との関係を見て歯の咬み合わせを決定するものです。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

posted by 顎関節回復センター(顎関節症の治療) at 18:38 | Comment(0) | 顎関節と体全体の関係 顎関節症の治療 臨床・研究レポート
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

▲ ページの先頭に戻る

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療
顎関節回復センターの更新情報 歯科医院併設の顎関節症治療院

▲ ページの先頭に戻る