第25回 顎関節症と脳・内臓との関係及びねこ背

の前面が神経支配しているのが足であり後面は頭であり側面は反対側の内臓及び骨格であり、脳の真中の正中線上は後ろから前にかけて体の真中の鼻、のど、首、食道、背中の痛み、みぞおちの裂孔ヘルニヤ(ヘルニア hernia)、胃、子宮、痔、前立腺の神経を支配しています。

自律神経失調症及び自律神経失調症のうちの「うつ病」は必ず脳の正中線上に異常をおこし、又、大なり小なりの「ねこ背」をおこしています。

そして血の流れが悪い為、両足の冷え性、又は両足のだるさを持っています。この様に自律神経失調症は、首の骨は「直」又は「逆カーブ」です。これを治すのは歯の咬み合わせです。
それではこの脳の異常反応をおこしている原因は、上唇を上へめくり上げますと真中の上唇小帯と下唇を下へさげますと真中の下唇小帯があっているかどうかです。又、歯の一部分の歯の咬み合わせが高すぎるか又は逆に低すぎるかです。

右のおでこのあたりの脳が異常反応をおこしていますと(時には頭痛)その側の歯の咬み合わせの高さが高いか、低いかどちらかであり神経は左右逆になっている為に左の足のどこかが痛いところがあると云うことです。又、右横後の脳ですと左の首・肩・腕・手が凝っているということです。

それが左右横後ですと真中の脳も異常反応をおこし左右の首・肩・腕・手が凝っているだけでなく、首の骨は「直」になっています。そして自律神経失調症をおこしています。そしてこの様に脳に異常反応をおこしますと血流等が悪く、色々な脳の病気(脳梗塞、アルツハイマー等)を引きおこすことにもなります。その為、一生涯大きな病気をおこさなければよいが・・・と云われるのもこのことです。
左の手・足の両方がしびれるというならば右の側面の脳に異常反応をおこしていることです。
肝臓右ならば左の脳、副腎ならば左右の脳の左右同じ位置の辺りに異常をおこしています。
そして自律神経失調症に必ず反応するのは左右の耳と耳とを結んだ頭頂骨の正中線に「百絵」という「つぼ」があります。
この「百絵」の反応を消すには歯の咬み合わせの高さのバランス(前後・左右・対角線)が関係していますし、また一時的に反応を消すには両足のつま先を一パイ外側に開けば消えますが百絵だけでなく正中線の異常なところも一時的に消え、背骨もピンと張るようになるだけでなく、咬み合わせの高さも変わってくる事になります。つまり「ねこ背」が消失する事になります。

またあおむけに寝た時に左右の足の開きが均等でないということは、頭蓋骨が捻じれをおこし顎関節症をおこしているだけでなく脳の異常又内蔵のどこかが悪いところがあるということです。
そしてそれを打ち消すには脳の異常反応をみながら歯の高さを調整しなければなりませんが頭蓋骨がズレ、捻れをおこしている状態では逆効果となります。

頭蓋骨のズレ、捻れをおこしていますと必ず頭蓋骨から下の体がズレ、捻れをおこしております。頭蓋骨から下だけを治しても頭蓋骨は正常な状態には戻りません。(但し子供の場合は除く)
頭蓋骨から下を治して、それから頭蓋骨の調整をせねばなりません。又頭蓋骨だけ動かそうとしても動きはしませんし、頭蓋骨がズレ、捻れた状態で歯の咬み合わせを作っていますと首から下を治しても上下の歯で食べ物を咬んだりしますと又元のズレた体に戻ってしまいます。
「ねこ背」は足のつけ根の股関節に異常をおこしています。そして左右の股関節と関係のある左右の歯を調節しなければなりません。

普通の歯は歯根膜というクッション作用を持っていますが頭の骨と骨との接している縫合部が固着していますと歯の咬み合わせの高さが正常であっても高く感じます。固着をはずしますと患者は高くないとよく咬めると申します。(高いからと云って歯を削りますと脳に異常反応をおこします)
また走ったりした時の衝撃が加わらない為に背骨は前後にS字湾曲、首の骨は前湾に曲がってクッション作用を持っていますが人工歯であるインプラントの場合は骨に直接くっついているゆえにスプリング作用がない為、咬む、くいしばりにより上顎から直接に脳に衝撃を加わり頭痛、首、肩に初め色々の問題をひきおこします。 (グラグラと動いているのではなく、しっかりくっついている為に・・・)

歯科で一番多い医療紛争はインプラントです。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

posted by 顎関節回復センター(顎関節症の治療) at 20:07 | Comment(0) | 顎関節と体全体の関係 顎関節症の治療 臨床・研究レポート
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

▲ ページの先頭に戻る

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療
顎関節回復センターの更新情報 歯科医院併設の顎関節症治療院

▲ ページの先頭に戻る