どんな方法で治療をするのですか?

まずは頭蓋硬膜の緊張をとって少しでも血流をよくしてあげる事です。

それから左右のバランスのズレをとっていく事です。
それには骨盤、背骨、首の骨、頭蓋骨をおおよそゆるめる事です。
ゆるめる事により、だいたい顎関節の自覚症状の痛み、口が開かないとかの症状は1・2回の治療で消えるものですが、そこからが大変です。原因除去をしなければ又再発するものだからです。

そこで、歯の咬み合わせのバランスに入っていく事になります。
歯の噛み合わせは例をあげて申し上げます。
左の奥歯が低いか、又は歯が抜けたままかですと左側の後側の大脳に血流障害をおこしているものです。又体の胴体部の左下の内臓にも血流障害の異常をおこしているものです。
そして左足又は左の腕も同じですが足の方がわかりやすいものです。左足のひざの脛骨は
ヒザから足首迄伸びているものです。
左奥歯が低いとヒザの脛骨は前方にズレ足首のところで今度は逆で後方にズレ、膝の痛み、又は足首の異常を訴えるものです。左の足の親指の関節の隙間が狭くなるものです。

小指の反応は糸切り歯の前寄りの歯です。
そして左足の表側である甲に足の指の直後に異常反応がすると、反対側の奥歯が低いものです。
足首側の反応は前歯です。特に奥歯が低くなりますと上下の歯を噛み合わせて正中線が合っていても関節部分で下顎が左右にわずかなズレをおこしていますと、階段を上るとき、足の膝に異状を感じますと感じた側の足の膝の脛骨が内側により、その側の下顎の顎関節の骨が外側にズレを起こしているものです。下顎を外側から内側に押す事により脛骨も正常に戻るものです。
このときはズレを起こしていた側の奥歯が反対側よりも低いという事です。
心臓、胸やけ、鼻水、裂骨ヘルニア、のど、おへそに異常をおこしていたものが無くなるものです。

顎関節症を治し、左右の歯の高さを治し、下顎の顎関節部分の左右のズレを正常にしますと血流が非常によくなるものです。認知症、ガン、とか大きな病気はまず予防が出来るものです。

posted by 顎関節回復センター(顎関節症の治療) at 20:13 | Comment(0) | よくいただく質問 顎関節症の治療
この記事へのコメント
この記事へのコメントをご記入ください。
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
(ブログ管理者が承認したコメントのみ表示されます)

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

▲ ページの先頭に戻る

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療
顎関節回復センターの更新情報 歯科医院併設の顎関節症治療院

▲ ページの先頭に戻る