第113回 体全身のパニック

体全身のパニック 〜原因は血流〜

磁石のプラスの反応は骨関係で関節、骨折の異常に反応をおこすものです。

磁石のマイナスの反応は筋肉、血液の異常に対して反応するものです。健康な人は血液の流れが良く、磁石のプラス・マイナスに対して全く反応しないものです。また血流の流れが良いために、多少の電磁波に対してもびくともしないものです。つまり体全体のバランスが整っているという事です。
パニックにも全身がパニックのタイプと、体の一部分のみパニックの反応をするタイプがあるものです。

体全身のパニックをおこしているタイプの人は、磁石では骨関係はプラス、筋肉、血液関係はマイナスと申し上げましたが、体全身のパニックのタイプの人は、頭の先から足の先まで、どの部位でも骨、筋肉、血液等関係なしにプラス・マイナスの反応をするものです。病院でMRI、CT、その他のレントゲン撮影、血液検査、その他色々な検査をしても、異常がないと言われるものです。

体全体のパニックをおこすタイプの人は、体全体の血液の流れが悪いが故に、骨と骨との関節部分の隙間が少なく、ぎゅーと圧迫された状態のために、左右の足の長さが揃い、頭の後ろの後頭骨も左右の手の平であてると同じ様に揃っているものです。それだけでなく、その他の体中がほとんど揃っているものですが、一つだけ揃っていないものがあります。それは顎関節のメス側の側頭骨の乳様突起だけ、左右が上下に狂っています。

そして必ず右の乳様突起(耳穴から斜め後ろ下3cmに、足に向かって小豆の突起)が上にあがっているものです。
ただし薬は別です。右の乳様突起が上にあがり、薬の毒が非常に強いと右の足まで上にあがっているものです。
体全身のパニックを起こしている人の自覚症状は人によって訴える部分が皆異なるものですが、共通しているところで一番多いのは常に体が怠いという事です。
その次は頭、体がほてって熱くなったり、逆に冷え性になったり、目が非常に疲れ、そして涙が出やすくなったり、逆にドライになったりします。鼻水がよく出たり、耳がぼーと鳴ったり、耳が遠かったり、頭痛、血圧が急に高くなったり、喉、内臓が突然異常をおこし、半分死にそうな感じになったりするものです。

また椅子に座っていても、突然足がムズムズして座っていられなくなったり、手足にしびれがきたり、血流が悪いために昼間眠くなったりします。全身のパニックを起こしていますと、右の乳様突起だけが上にあがっているものですが、前歯の真中2歯を上下の歯で2mm位のもので咬んで、5秒位して取り出しますと、一瞬にして左右の右の長さ、頭蓋骨始め、ズレが出てくるものです。10秒位でまたズレの反応は消えるものです。
posted by 顎関節回復センター(顎関節症の治療) at 23:32 | 顎関節と体全体の関係 顎関節症の治療 臨床・研究レポート

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

▲ ページの先頭に戻る

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療
顎関節回復センターの更新情報 歯科医院併設の顎関節症治療院

▲ ページの先頭に戻る