口のゆがみの治療方法 整体・カイロプラクティックと咬合調整

当医院では整体・カイロプラクティック手法にて、正しい噛みあわせの位置を特定したのちに
併設する歯科医院にて歯の噛み合せ治療、咬合調整を行います

口がゆがんでいる理由の確認方法

上顎の左右内側の歯のドテまたは歯と歯肉との境目をそっと触れる様に、左右同時に親指か人差し指かで前から奥へ指をすべらせます。

このタイプの人は片側の歯のドテは前から奥まで上にズレ、反対側の歯のドテは逆に下に下がっているものです。
歯のドテが上にあがっている側は頭から足先まで、片側だけ血流が悪く、体半分が冷えるものです。そして血流が悪い片側のうち、一番弱い部分に自覚症状が出るものです。



顎関節症の治療と口のゆがみ・顔のゆがみの解決・解消

顎関節症を治した上で、左右の歯ではなく歯のドテを同じ高さにもっていき、それから歯の噛み合わせのどの歯が合っているか、どの歯が合っていないのか決めなければなりません。

歯の印象(石膏モデル)や今の口腔内、かみ合わせだけをいくら見ても、
あなたの身体にとって正しい噛みあわせの位置はわからないと考えています。

すでに歪んでしまった、ずれてしまった状態で局所的・部分的に診ても正しい答えは出てきません。
視野を広げて、全身の歪みを整えることで、必然的に身体が求める本来の状態、正しい骨格と正しい噛みあわせの位置を導き出します。


あかない扉の小さなカギ穴から向こうを何とかして覗き見ようとするのではなく、
鍵穴自体を広げて正しい状態を見つけていきます。
posted by 顎関節回復センター(顎関節症の治療) at 10:16 | 口のゆがみの治療

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

▲ ページの先頭に戻る

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療
顎関節回復センターの更新情報 歯科医院併設の顎関節症治療院

▲ ページの先頭に戻る