第122回 病気に強い人間にするには

顎関節症を治したあと、歯の噛み合わせが問題です。


強く噛んだ時、口を開けた時ともに左右の足の長さが揃っている事と、下顎を右いっぱい、左いっぱいに動かした方向側の乳様突起が上にあがり、動かした反対側の足が短くなる事です。この時の首の骨は生理的湾曲なっているものです。つまり体はほぼ健康体になっています。

一時的に、わずかな体の不調の時に頭蓋骨がズレをおこしています。健康体の時に歯の噛み合わせがバランスよく合っているために、ぐっと一分間噛めば、頭蓋骨の各骨がまた正常な位置に戻るものです。その時に左右の足の長さ及び口を開けた時、左右の足の長さが揃っているかです。

頭蓋骨が動けば首の骨、背骨、骨盤も皆動きます。実際は骨盤から始まり、背骨、首の骨、頭蓋骨へと順番にやらなければなりません。

posted by 顎関節回復センター(顎関節症の治療) at 07:41 | 顎関節と体全体の関係 顎関節症の治療 臨床・研究レポート

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

▲ ページの先頭に戻る

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療
顎関節回復センターの更新情報 歯科医院併設の顎関節症治療院

▲ ページの先頭に戻る