第134回 歯の噛み合わせの調節をするには

本当の噛みあわせの調整方法とは

顎関節のメス側の側頭骨が左右共に時計の針方向の捻れもなく、逆方向の捻れもなく、その上に左右の側頭骨の高さが左右揃った状態であり、さらに下顎が右いっぱい横にずらした時、左いっぱい横にずらした時、顎関節のメス側の側頭骨の左右の乳様突起、及び左右の足の長さ等も左右差が3〜4cm位が正常で、1cmや2cmですと首の骨がストレートネックか、後方湾曲に近付いているものです。さらに上の歯の左右のドテが左右揃っていることです。
それを確認するには、左右の親指を同時に歯と歯肉の境目に前から奥へ5cm程ゆっくりと指をすべらせ、そして歯のドテが切れたところからさらに1cm奥に米粒の突起があります。この突起が左右前後上下が揃っているかどうかです。

歯の噛み合わせの調節をするには、口を開けた状態で口の中の左右のドテ及び米粒の突起が揃うと全身の血流が良いということです。
当然この時、頭の先から足先まで磁石での異常反応が見当たらないものです。
ところが上下の歯を噛むと、一瞬にして歯のドテ及び米粒の突起がずれますと、必ず体中がズレをおこしているものですが、一番早く読み取るには、体の胴体部のどの部位が磁石でのマイナスの反応かまたはプラスの反応か出ています。
その部位と関係する歯の噛みあわせの調節をすれば良いものです。マイナスの反応は歯を高く、プラスの反応ならば低くします。

posted by 顎関節回復センター(顎関節症の治療) at 14:28 | 顎関節と体全体の関係 顎関節症の治療 臨床・研究レポート

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

▲ ページの先頭に戻る

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療
顎関節回復センターの更新情報 歯科医院併設の顎関節症治療院

▲ ページの先頭に戻る