第74回 花粉症等のアレルギー

花粉症等のアレルギーと身体のゆがみ 顎関節症の関係とは?

 

花粉症等のアレルギータイプの人は顎関節のメス側の側頭骨の右の乳様突起が左の乳様突起よりも上方にズレをおこし骨盤の真中の骨である仙骨が正常な位置での話です。仙骨がズレをおこしていますと左の乳様突起が上に上がっていたりするものです。又左右の乳様突起は前後に回転のズレもおこしているものです。

家でいうならば床が傾いて建物が捻れている様なものです。この様に頭蓋骨がズレをおこした状態で歯の咬み合せが合っているものです。人間の場合は頭蓋骨がズレをおこしていても首の骨、背骨、骨盤、足で互いに補正する為に捻れてバランスをとっているものです。捻れをおこす事によって色々な不定愁訴を引きおこすものです。ここで右の乳様突起が上に上がっている人に、そば、牛乳等の一般に言われるアレルギー物質を体に近づけますと右の乳様突起がさらに上に上がり全身の血流が悪くなるだけでなく、花粉だと全身の血流が悪いですが特に肺、気管支、小腸に強く反応が出るものです。肺だと眼及び眼の周囲の血流が悪く小腸だと鼻水が出るものです。眼がかゆいからといって目薬をさしますとすべてではありませんが左のおでこの前頭骨が前方にズレをおこし咳が出やすくなるものです。

 

この様にアレルギータイプの人は骨盤の真中の仙骨が狂っています。この仙骨を正常にしますと必ず右の乳様突起が左よりも上にあがり、右のおでこである前頭骨が後方にズレをおこしているものです。
又食べ物のそばアレルギーの人は前立腺、子宮、大腸、腎臓、胃が機能低下の反応が出るものです。

この様なアレルギー体質を無くすには、頭蓋骨を始め体全体を正常な状態に戻した上で最後のとどめは全体の歯の咬み合せのバランスです。一時的に左右の乳様突起を揃えても全体の歯の咬み合せのバランスが崩れたままだとまた元の状態に戻るものです。左右の乳様突起が揃いますと一瞬に花粉症の症状が無くなるものです。
右の乳様突起が上がり過ぎますとショック症状を引きおこすものです。

左右の乳様突起が揃い、歯の咬み合せのバランスがとれていても劇薬等の毒性の強い物質を体に近づけるだけで右の乳様突起がグーンと上に上がるだけでなく体の胴体部が捻れ及び右足がグーンと短くなるものです。これでショック症状をおこすものです。

第73回 電磁波が体に及ぼす影響 身体の歪み

「電磁波が体に及ぼす影響 身体の歪み」

〜 電磁波アレルギー  化学薬品との関係 〜

病院の放射線科でMRIを撮影する時の発熱繊維衣類および磁気系統のものは取り外す様に言われるものです。電磁波を受けますと骨格及び血流に変化をおこすものです。体が弱い人つまり血液の流れが悪いと簡単に電磁波の影響を受けるものです。
テレビが映った状態で画面に対して体が正面に向くのではなく横向きの状態で顎関節のメス側の骨である側頭骨の下左右の乳様突起の先端を同時に触れますとテレビ側の乳様突起が上に上がり又体の向きを反対に180度回転して左右の乳様突起の先端を触れますとテレビ側の乳様突起が上に上がるものです。そしてテレビからどんどん離れて行きますと左右の乳様突起が全く反応しなくなるものです。
その距離がテレビからの電磁波の影響を受けない距離です。但し健康な血流のいい人と病人の様に血流が悪い人とでは電磁波の影響を受ける距離が違うものです。
本当に健康な人は近づいても電磁波の影響を受けないものです。電球始め電気製品、携帯電話を使用しますと必ず電磁波を出しているものです。
(但し歯のインプラント等に使用しているチタンという金属又は同族の金属は電磁波を受けて健康な人でも一瞬にして首の骨は逆カーブつまり後方湾曲をおこし頭蓋硬膜の緊張をおこし血流が悪く病的な状態になるものです。又家族に1人でもインプラントを装着した人がいますと家族全員が体の不調を持っているものです。又家族だけでなく歯のインプラントを装着した患者の近くにいるだけで同じ様な症状をおこすものです。)

 

電磁波が化学薬品をとおして人体に悪影響する関係はすべての衣類ではありませんがその一部分です。その他シックハウス等色々なものがあるものです。健康な人は反応が出ても自覚症状が出ないものですが未発達な幼児とか病人又老人には血流が悪いが故に自覚症状が出やすいものです。
そこで衣類の布の種類又は特殊加工を施している衣類、衣類に付着している薬品、又ダウンコートの様に羽毛に付着している消毒の薬が完全に取り除かれて無い場合又自分の体に合わない薬(体に毒の薬は右の乳様突起が上に上がり抗力が強すぎる薬は左の乳様突起が上にあがりますがこれとは別です)
又食器の洗剤等も電磁波の影響を受け、血流の悪い人はさらに血流が悪く簡単に病人になるものです。その様な衣類を身に付けていなくてもその衣類から4〜5m範囲内置くだけでも、又、その衣類を身に付けた人が4〜5m範囲内に近づいていますと影響を受けるものです。薬、又洗剤は40〜50cmに近づけば体に異常をおこすものです。それではどの様な症状をおこすのかと申しますと体全体の機能の低下をおこしますが特に胃、小腸、副腎、腎臓この4つの内臓が同時に機能低下の異常反応をおこすものです。
車で言うならばエンジンが動いて、ラジエーターが故障してオーバーヒートする感じで、じっと静かに動かなければ次の自覚症状の反応が出ないものです。動くと頭、首、背骨あたりが何となく熱っぽくそして首、肩、背中が凝るものです。

 

胃ならば唇の異常、小腸ならば鼻水、腎臓は腫れてあお向け痛くて寝られない。腰痛と勘違いするものです。足首のアキレス腱は副腎の反応、アキレス腱以外の足首は腎臓の反応、その為2つの反応が1つとなり足首が痛くなる事もあるものです。
それではどの様な衣類が注意が必要なのか?間違っているかもしれません。

×(異常反応が出やすい繊維)

  • レーヨン
  • 発熱繊維
  • アクリル
  • ナイロン
  • アンゴラ
  • 羽毛、ダウン(但し同じ羽毛でも中国製は×で英国製は〇です)

 

〇(異常反応が出にくい繊維)

  • ポリエステル
  • ポリウレタン
  • 綿
  • ウール
  • カシミヤ

  

〇の中に×の品物が入っていますと×です。
〇の中には中国製は信用しない方がいいと思います。
一部では(製造時に使用する)水が原因ではないかと言われています。

 

この様な衣類及び化学製品に対して体を強く血流を良くするには顎関節症を治した上で歯の咬み合せの調節しかないものです。顎関節症を治さないで歯の咬み合せの調節をしても意味がないものです。逆に悪くなるものです。この様な場合だけではありませんが顎関節症を治さないでいますと死ぬ迄ほとんどの人は体の不調をおこしたままになるものです。すべてではありませんが体の不調の部位は移動する時もあるものです。例えば四十肩、五十肩は2〜3年放っておけば痛みは自然となくなるものですがその悪い部位は別の場所に移動するだけの事です。
顎の音もすべてではありませんがいつかは消える事もあるのは頭蓋骨及び体全体がズレをおこして違う場所に移動しただけの事です。特に顎関節のメス側の骨である側頭骨は足のつけ根の骨である骨盤の外側の骨の腸骨が正常な位置になった上で歯の咬み合せとなります。
歯の咬み合せの調節は上顎の歯のドテと足の裏及び足の甲及び足の指等で確認した上でまとを絞ってきた上でどの歯を高くするのか逆に低くする事により一瞬にして鼻水、胃、腎臓がよくなるものです。又左右の肩のズレ、片方が前とか反対側は後とか、真っすぐに立つと左右の腰骨が片方が前へ片方が後にズレをおこしていたものが正常になるものです。

この様に全身の血流が悪いと簡単に電磁波の影響を受け、わずかな電磁波例えば電磁付腕時計、万歩計等も電池が入っています。(電池は通電させて電磁波を発生するものです)体の弱い人は弱い電磁波でもさらに血流を悪く体を弱らせるものです。

テレビ放送で携帯電話が増えた頃から時期を同じくしてうつ病の患者が増えたとか、中国ではうつ病と癌の患者が非常に多いとか。

 

また、たまたま偶然かもしれませんがマンションの屋上に立っている携帯電話のアンテナの下に住む子供が精神状態がおかしく、又その階の下の子もさらに下の子も3人共精神状態がおかしいとその子の母親が喋っていた事もあります。

 

また、電気関係の会社で働いていた人の子はすべて女の子だったとか…?

 


 

第72回 医者は病気(慢性)をどうして治せないのか

「医者は病気(慢性)をどうして治せないのか?」

 

人間の体は左右・前後のバランスを崩れますとそれを補正する為に捻れが発生するものです。水道の蛇口にホースを取り付けてホースを捻った状態で蛇口をイッパイに開けてもホースの先での水の出が悪いものです。この様に体では自覚症状がなくても体全体の関節部分の異常をおこすだけでなく血流も流れている部位と流れにくい部位の反応が出てくるものです。
薬も同じです。砂漠に水を与えないで肥料だけを与える植物は枯れるものです。
弱っている内臓にその人に合わない薬を投与するとますます内臓が弱るかショック症状をおこすか又は治らないものです。
特殊な病気を除いてすべてではありませんが一般的な病気は急性症状は1週間前後です。後は慢性です。慢性の状態で何ヵ月も何年もという事はもう治せないという事です。薬で症状を抑える又は切りとる対称療法です。その薬又はサプリメント又は腐った食べ物が自分の体に合っているか合っていないかは体の20cm以内に近づけますますと薬が合っていないと左右の足の長さ又は左右の乳様突起等が上下に動くものです。
内臓は形と大きさは皆違うものです。当然働きも違うものです。必要だからあるものです。1つでも摘出しますと自然治癒力がガタっと落ちるものです。

 

今3種類の薬を例にあげますと
1つの薬は体にとって毒の薬 この時の乳様突起は右側が上に上がるものです。
2つ目の薬は今自分の体に合っている薬 この時左右の乳様突起は左右は同じ高さです。
但し左右の乳様突起が共に上にあがっている時に例外です。この時下顎を右イッパイ、左イッパイに動くかどうかです。動けば体に合っている薬です。
3つ目は自分の体に効力が強過ぎる場合は左の乳様突起は上にあがるものです。
ところがここで全身の血流をよくするつまり健康体に近づけますと今迄の反応とは違う事になります。今迄右の乳様突起が上にあがったものか左右の乳様突起が揃ったり、又左右の乳様突起が揃っていたものが今度は左側の乳様突起が上にあがり、左側の乳様突起が上にあがっていたものがさらに上にあがるものです。複数の効力が強過ぎる薬ならば左の乳様突起が1つの時よりも付加して2つ目の薬ならば相乗反応してさらに乳様突起が上にあがるものです。

 

それでは人間の体はどうなっているのか。
体の中で1番大きな骨のあるところと言えば骨盤です。骨盤は3つの骨からなっているものです。真中の骨である仙骨です。この仙骨の左右横にあるのが腸骨です。足のつけ根と接しているのがこの腸骨です。又左右の腰に手をあてた骨が腸骨です。そして仙骨の上は背骨であり下は尾骨(尾てい骨)と続いているものです。
この尾骨寄りの仙骨の下部が右か左にズレていますと左右の腰骨である腸骨も上下にズレているものです。仙骨、腸骨の左右のズレを正常に戻しますと必ず右が顎関節症だったものが左に変わったり左が顎関節症だったものが右に変わったり、右眼が異常だったものが左眼に変わったり、右の肺が異常だったものが左の肺に変わったり、初期の段階で右の肝臓が異常と思ったら、左右同じ位置にある膵臓に変わったり、右肢関節が異常と思ったら左肢関節に変わったりつまり左右が一瞬にして逆になるものです。
骨のズレ及び血流が左右が逆になるものです。但し左右の歯の咬み合せの高さが片方が低か、片側咬みしているか、歯が抜けた状態になっていますと仙骨を正常に戻しても又元のズレの状態に戻るものです。

 

又、仙骨が上部と下部が左右逆方向に捻れていますと体の胴体部又背骨も同じ様に捻れ
又首の骨も頭蓋骨も左右が逆方向に捻れるものです。
あお向けで寝て顔を真っすぐの状態で頭の後を左右の手の平であてますと片側の頭の後の骨が後にズレていますとその側の肩も後にさがり下顎も頭の後の骨がさがった方向に回転のズレをおこし首の1番上の骨も同じ方向にズレるものです。中には複雑なズレの為に例外もあります。肩だけが逆方向にズレている場合もあります。

ここで顎関節の顎の痛みの場合を述べますと、顎関節のメス側の骨である左右別々の側頭骨が互いに左右逆方向にズレたりおでこである前頭骨の左右が前後にズレをおこしたり片方の前頭骨が後にさがっているならばその側の頭の後の後頭骨はさらに後にさがっているものです。さらに下顎が後頭骨が後にさがっている側に回転のズレをおこしますと咬む時に痛みを発生させるものです。
下顎の回転のズレに対して上顎が全く逆方向の回転のズレをおこすものです。

 

例をあげますと、右側から見た顎関節の側頭骨が時計の針をまわりと反対方向に捻れ回転していますと(反対側の側頭骨は全く逆の方向に回転するものです)
この時の側頭骨の下部の乳様突起は前方にズレ、側頭骨が回転している為に上部は逆に後方にズレをおこし下部の乳様突起が前方にズレをおこしていますとこの場合顔の右のほほ骨は前方にズレをおこし(反対側の側頭骨は逆方向に回転する為に左のほほ骨は奥へ引込む事になります)
この場合の右の側頭骨の上部は後方にズレの回転している為に上顎骨つまり右側の歯のドテが後方にズレ、左側の上顎の歯のドテは前方にズレる様な右回転をするものです。
つまり上顎骨と下顎骨は互いに逆方向の捻れをおこすものです。右のほほ骨が前方に飛び出しますと必ず左にあります膵臓が機能低下をおこし、左の膵臓ですから左の足のヒザに痛み、又は違和感が出たりするものです。
左のほほ骨が前方に飛び出しますと肝臓です。
一般的に下顎の回転のズレは首の1番上の骨と同じ方向にズレ肩又背骨の上から1番又は2番目のどちらかが同じ方向にズレ、腰の腰椎5番及び仙骨だけでなく骨盤と深い関係をもっているものです。

 

 そして仙骨の捻れは足の組む格好でも同じです。
例えば左足を右足の上に組む格好は横向きで寝る時左肩を前に出す格好又は、あお向け寝ている時左足のヒザを「く」の字に曲げて寝ていたり又は前歯の正中が下顎が上顎に比べて左にズレている場合。これらは側頭骨の右の乳様突起が上にズレあがっている事になり、この時左のおでこが前方に出て右眼、右耳に異常をおこし、右側の首が緊張をおこし、右の肩と腕との境目の関節又肝臓、おしりの右の肢関節に異常をおこし心臓は動悸等の異常をおこしやすくなるものです。心臓の動悸が止まらないと思ったら緊急処置として右足を左足の上に組む事によって一瞬の動悸が止まるものです。つまり血流の変化をおこすものです。

 

今度は骨盤の仙骨が左か右かのズレだけでなく又上下が左右に捻れだけでなく仙骨の上部と下部がお互いに上下逆方向のズレをおこしていますと背骨も上半分、下半分は逆方向のズレをおこし極端な言い方ですが頭の大脳も前半分後半分の血流も逆になるものです。先程述べた仙骨が左か右のズレ又仙骨の上下が左右に捻れても同じ様にこれらの3つ及び歯の咬み合せの高低によっても大脳内の血流が変わってくるものです。
今仮に仙骨の下半分が前方に上半分は後方にズレをおこしていますと頭の片側だけでなく左右のおでこが奥へ入りつまり後方にズレますとそれを補正する為に下顎が前方にズレをおこすものです。その為に下顎の奥の筋肉が疲れるものです。この時の歯の咬み合せは前歯よりも奥歯の方が低く感じるものです。歯の咬み合せをする場合は仙骨が中立な状態になった状態で歯の咬み合せの調節をするものです。この時の症状としては背骨の下半分、多少人によっては違いますが背骨の上から10番目から下は前方にズレをおこしているものです。背骨の10番目は小腸です。背骨の11番目は左の腎臓です。背骨の12番目は右の腎臓です。さらに背骨の上から13番目は回盲部、つまり下痢、便秘です。さらに下の背骨の14番目は盲部さらに下の15番目は腺です。甲状腺、乳腺、唾液腺とか腺のつく名です。

 

そしてさらに下の16番目は結腸つまり大腸、直腸です。さらに一番下の背骨は前立腺、子宮です。これらの1番弱い箇所から異常をおこすものです。そして左右の足のヒザから下が冷える又腕のヒジから手迄が冷える、冷えるだけでなくヒザの痛み、筋肉の痛みが出る、ヒザから下は左右共血流が悪く異常をおこすものです。歩いていても足があがらない、つまずきやすい、ただこの時のヒザの痛みはヒザの外側の細い骨である腓骨が外へ飛び出すものです。下顎が前に出ているのを奥へ引込めばおさまるものです。ただヒザの痛みは他にも原因があります。奥歯の咬み合せの高低によりヒザから足首迄の内側の大きい骨である脛骨が歯の高低により前にズレるか後にズレて痛いのかがあります。

 

また顔の左右のおでこが前に飛び出しますと下顎は逆に後方にズレるものです。この時のおしりの仙骨の下部は前方へ上部は後方にズレをおこしているものです。症状としては顔が熱をもった様にほてる感じがするものです。そして左右の眼の奥が痛い、眼が疲れやすい、眼のドライ、鼻詰まり、下顎が後方にズレるものですから喉は押されてぜんそくの様な症状又は喉に違和感、咳又左右の肺に異常をおこし、肺と関係する肩と腕との境目の関節及び足の肢関節に異常をおこし、腕のヒジから肩迄の間の筋肉の違和感、おしりと足のヒザ迄の間の筋肉の違和感が出るものです。この様に歯の咬み合せのバランス崩れにより、体全体の骨格、筋肉血流等が簡単にバランスを崩すものです。
歯の咬み合せで正常にもってくるにはまず首の骨は、生理的湾曲つまり前方湾曲した上で体の胴体部つまり背骨の捻れ、うつぶせになった時左右のおしりの出っ張り又は膨らみが均等であり頭蓋骨の左右の耳のあたりの膨らみ及び前後がだいたい均等になっていますと手の指先、足の指先及び全身が血流よくなり、その時点で歯の咬み合せの調節をするべきです。これだけをやってもまだ内臓及び内臓と関連する筋肉、関節の痛み、又は違和感があるならば上顎の歯のドテの内側又は左右の歯のドテとドとの間の真中を前から後へ走っている正中線上をマイナスの磁石で異常反応するところ(マイナスの磁石は血流、神経、筋肉に異常反応するものです。指では人さし指は磁石のマイナスの反応と同じです)を、大脳に向って強く数秒間押し続けますと内臓と内臓と関係する筋肉、関節の異常反応がだいたい消えるものです。例をあげますと右の肺ならば右の歯のドテの内側前、右の腎臓ならば右の歯のドテの内側の一番後、子宮、前立腺は正中線上の一番後、喉は正中線上の前を押すことです。もう1つ例をあげます。顔を前から見て下顎が左方向にズレているとしますとその時右側の眼、耳を始め右側の内臓すべて異常反応をおこし、その時上顎の右の歯のドテの内側に前から奥迄異常反応します。そして大脳も右側に血流不足の異常反応するものです。そして又顔の輪郭も左右対称になるものです。ところが首の骨が後方湾曲の状態で歯の咬み合せ調節すればする程体全体のバランスを崩し、ますますドロ沼に入り込む事になるものです。
首の生理的湾曲とは先のコラムで述べた様に下顎が右にズラしますと右の顎関節のメス側の骨の乳様突起が上にあがり反対側の左足は短くなり又左の腰骨及び脊骨の左側各骨が上にズレあがるものです。その様に歯の咬み合せ調節で体全体の骨が動くものです。
ところが首の骨が後方湾曲していますと下顎が左右に動かしても全く頭蓋骨始め背骨も足の長さも全く無反応です。歯の矯正治療、歯のインプラントをうめた、又体の中に骨と骨を固定する為にチタン製の金属を埋め込んだ又は自分の体に合わない薬を服用した、強い電磁波を受けた等は首の後方湾曲となるものです。
首の後方湾曲の状態で病気になり医者に診察してもらっても病気は絶対に治らないものです。慢性の病気のままです。対称療法しか出来ないものです。
病人は必ず首の骨は後方湾曲になっているものです。首の後方湾曲を顎関節症を治し歯の咬み合せのバランスを正常にすれば前方湾曲になるものです。前方湾曲になれば全身の血流がよくなり自然治癒力が発揮するものです。

 

病気というのはその部分だけが悪いのではなく必ず骨盤、背骨、首の骨、頭蓋骨、大脳、歯の咬み合せのバランスが狂っているものです。
逆に歯の咬み合せのバランスが狂っていますと必ず骨盤、背骨、首の骨、頭蓋骨、大脳にズレ及び異常反応をおこしているものです。
杖を持って歩いている人、慢性の病を持っている人は必ず全体の体の捻れと歯のバランス崩れの両方をもっているものです。
病気もちの幼児はさかさまにして足首を持って20〜30秒ぶらさげれば骨盤、背骨、首の骨、頭蓋骨捻れは消え及び大脳の異常はほとんどは消える為に全身の血流がよくなり自然治癒力が増すものです。

第71回 正常な顎の反応 歯の噛み合わせと様々な症状

正常な顎の反応 歯の噛み合わせと様々な症状

 
顎関節図 乳様突起このレポートをお読みになる前に確認していただきたいことがあります。
顎関節のメス側の側頭骨、この側頭骨の左右の乳様突起がどの位置にあるか指をあてて探してみてください。
頭蓋骨の後と首の骨との境目を、左右の親指で頭蓋骨の下の辺縁に沿って左右共に前方に指をすべらせ、耳たぶの辺りで下に向って小さな突起があります。これが乳様突起です。

健康な人は下顎を右にイッパイにズラしますと右の乳様突起は上にあげるものです。そして左足は右足に比べて短くなるものです。

今度、左にイッパイにズラしますと左の乳様突起は上にあがるものです。この乳様突起は健康な人は1cm位上にあがるものです。そして右足は短くなるものです。そして又上下の歯をグート強く噛んでも又口を大きく開けても左右の乳様突起のズレの左右差がないものです。
今仮に右奥歯に入れ歯が入っています。そして右奥歯の入れ歯を外しますと右の乳様突起は下にさがり下顎が右イッパイにズラしましても、右の乳様突起は動きません。そして左足も無反応です。この時首の骨は「直」になっています。

そして右奥の入れ歯を外したままで半日又は1日経過しますと右の乳様突起が下に下がっているものですから右側の上顎と下顎の距離が短くなりすべて元の入れ歯を入れても歯が高すぎて咬めなくなるだけでなく、頭蓋骨全体、首の骨、背骨、骨盤等の捻れ左右の足の長さも違ってくるものです。すべて正常な状態に戻すと元の入れ歯が咬める様になり左右の乳様突起が揃うものです。

また、首の骨は生理的な前湾曲で歯も1本もない上も下もすべて総入れ歯の人が入れ歯を外しますと一瞬にして首の骨は後方湾曲になるものです。又左右の乳様突起は下顎を右イッパイ、左イッパイに動かしても乳様突起は動かないものです。首の骨が生理的湾曲というのは健康体という事です。頭蓋骨及び骨格のズレもほとんどないという事です。即ち歯の咬み合せの上下の高さ、前後、左右のバランスがとれ全身の血流も正常という事です。この様なタイプの人は大きな病気である癌とか認知症とかその他の病気もおこしにくいものです。変な事をしなければ人間の体にはすばらしい自然治癒力を持っているものです。

例えば果物のパイナップルは腎臓を悪くするものですが、胃だけが機能亢進するものです。中国の香港の高級茶である小さなボール球の様な茶は肝臓を悪くするものです。中国系の会社に勤務している人から聞いた話ですが中国では癌が多いそうです。女性の化粧品も同じです。すべてではありませんが中にはまぶたに塗る粉(アイライン/アイシャドー)は小腸に異常、口紅は胃に異常反応するものもあるものです。

首の骨の直は背骨でいうならばどこかが捻れ回転をしているということです。内臓でいうならばどこかが異常があるという事です。歯でいうならばどこかが左右の咬み合せが狂っているという事です。

首の骨の後方湾曲は相当体が調子が悪いという事で全身の血流が悪く体がダルイだけでなく、重症な病気を持っている人はこちらの方です。

どこかの背骨が大きく前にズレをおこしているものです。それに関係する内臓が悪い事を意味します。薬の力で前にズレをおこしている一部の背骨だけを後方に持ってくるものですから、常に薬を服用しなければなりません。又薬の副作用で一部は前にズレる背骨がでてくるものです。病気そのものは治らないものです。薬の力で抑えてあるのみです。歯の咬み合せの高さ調整で背骨が動くものです。

又自分でどの内臓がどの程度悪いのか確認するところがあります。左右の乳様突起の後から頭蓋骨の下の辺縁に沿って首の骨迄の間を7等分したところを指先に押して下さい。まず最初の乳様突起の後が指先で押して反応するのは心臓か小腸です。
さらにその隣の首の骨に向ったところは肺、肝臓です。さらに隣は胆のう、胃です。さらに隣は膵臓です。さらに隣は脾臓又は腺関係です。さらに隣は肝臓又は大腸さらに最後の首の骨の隣は副腎又は子宮、前立腺です。頭蓋骨の下の辺縁に痛みを感じたらさらに足寄り下5mm〜8mm位下に後から前に指先で押してみると痛みを感じたらそれに関係する部位の内臓は悪いものです。さらに指先を5mm〜8mm位下に指先を後から前にして痛みを感じるならばそこの部位と関係する内臓がとても悪いものです。癌等はここの部位に入るものです。又この7等分した部位に「ふき出物」が出来たならばその関係する背骨・内臓を正常にすれば消失するものです。

例をあげますと背骨の5番目は胃です。胃に重い症状があるならば5番は前方にズレをおこしているものです。左右の乳様突起と首の骨との間の真中より少し乳様突起側の部位が押すと痛く感じ、その頭蓋骨の下縁より3指分下迄痛みを感じるものです。薬が自分の体に合っているならば背骨の5番は後に下がり、慢性の状態を保っているものです。そしていつ迄も薬を服用しなければなりません。薬が合ってなければさらに悪くなり命を落とす結果になるものです。
それでは歯はどうなのかと言いますと背骨との5番と関係のある歯が低いという事です。顎関節症を治して、その周囲の骨を直した上で歯の咬み合せを高くすれば背骨5番は後へズレをおこすものです。そして胃の血流をよくするものです。人間にはすばらしい自然治癒力をもっているものです。

  

例をあげますと左の乳様突起が上に上がっているとしますと、上に上がっている側の体の左側半分の頭から足迄血流が悪いものです。但し骨盤の真中の仙骨がズレをおこしていますとすべてが同側ではありません。この場合ですと右の胴体部だけが血流が逆になるものです。左の乳様突起が上がっている為に左の眼の視力の低下又は緑内障をはじめ、眼の異常をおこし、又耳は耳鳴か難聴もこの場合ですと左側、又鼻は左側が異常、顎は左側、首肩のこりは左、内臓も筋肉も血流の悪い側は左、肢関節も足も左です。反対の右の乳様突起が下がっている側の足のヒザの上側の大腿骨と下側の脛骨との隙間が狭くなり半月板盤が損傷しやすくなり右ヒザの異常をおこすものです。
又子供の歯から大人の歯にはえ変わる時に常に一定の横向きで常に肩が前に出しているか又後に出して寝ているかによってこの乳様突起が左右上下にズレをおこしているだけでなく、上顎の左右の骨及び左右の歯のドテの高さが違いきれいな歯及び歯並びしていても咬んだ時左右の上顎と下顎の高さが違ってくる事もあるものです。その為に上顎と下顎の高さのバランスをとる為に左右の乳頭突起が前後にズレ乳様突起が後にズレをおこした側にその側の下顎も後にズレ、左右の歯の咬み合せの高さを調節するものですが骨盤、背骨、首の骨等もすべてズレをおこすものです。
又足踏みをしますと左側の足が重くなるものです。左右共に乳様突起が上に上がりますと左右の足が重くなるものです。つまり血流が左右共に悪くなるものです。

 

顎関節の痛み、音、不眠症、腰痛

痛みは通常は1〜2回でおさまるものですが特に奥歯が抜けたままか咬み合せが低くなり過ぎていますとそうはいかないものです。口が開かない場合も1〜2回です。

顎の音は左右の顎関節のメス側の骨である左右別々の側頭骨が互いに逆方向に捻れている場合ならば正常にもどせば1〜2回でおさまるものです。

ところが奥歯を削ったりしますと必ず歯は低くなるものです。仮に奥歯に金属冠を被せる為に冠の厚み1mm位欲しい為に歯を1mm削り、上下の歯を咬ませますとくっつくものです。その為にさらに削り、気が付いたら2mm以上削り上下の歯を咬ませるとやっと1mmの隙間が出来たという事はざらにあるものです。
又過去に奥歯の歯に冠で修復した冠を外し上下の歯を咬み合せると又上下の歯がくっついたりするものです。そこで又冠で修復する為にさらに歯を削る事になるものです。
又奥歯を抜いたまま放置したままですと入れ歯さえも入れる隙間がない位に上下がくっついたり、くっつきそうになったりするものです。

顎関節のメス側の側頭骨だけが下に下がるだけではなく頭蓋骨全体がバランスを崩し首の骨、背骨、骨盤迄もがバランスを崩す為に体全体の骨格を正常にした上で歯の高さを元の状態に戻さねばなりません。

仮に奥歯の歯を左右の糸切り歯の1歯奥の歯から一番奥の歯迄4歯分が低くなりますと背骨の下半分はすべて前方にズレをおこしているものです。
おなかが前に飛び出しているメタボの人、又すべての人ではないが女性で最初に子供1人は授かったが2人目は…。
又猫背の人も同じです。
これらの人は背骨の上から10番目の骨から背骨の下迄が前方にズレをおこしているものです。
背骨の10番目から上は肋骨で内臓を覆っているものです。10番目から下は肋骨が無い為に背骨は前方にズレやすいものです。背骨の10番目から神経は小腸へ、11番目は左の腎臓、12番目は右の腎臓、さらに下の背骨の腰椎1番は回盲部へさらに下の腰椎2番は盲部へさらに下の腰椎3番は腺という名のつくところ乳腺、甲状腺、唾液腺…すべてではないがどこかに異常反応をおこすものです。そして腰椎4番は大腸、直腸ここで女性の卵巣、男性精巣と関係が出てくるものです。腰椎5番は前立腺、子宮という具合に背骨から神経が各内臓に走っているものです。
これらは自覚症状がなくても異常反応をおこしているものです。一般的に自覚症状として気付くのは腎臓です。トイレに近いか又あお向けで寝ると腰が痛い又はさらに悪化すると横向きでさえ腰が痛くなるものです。

例をあげますと仮に左の糸切り歯の1番奥の歯から1番奥迄の左の4歯分が低くなりますと背骨の左下部が前方にズレの捻れをおこしているものです。
それに関係する内臓もすべて左側が悪いとなります。あお向けで両手の手の平で左右のおなかを触れると左側が膨らんでいるものです。

又猫背の人は人によって多少違いますが背骨の上から5・6番から8・9番位が後方にズレをおこしている人が多いものです。それに関係する内臓は機能亢進かというとそれではありません。例えば背骨の上から6番目からの神経は膵臓に走っているものです。この6番目が左前方の捻れを回転していますと膵臓は左側ですがその膵臓の左寄りが特に異常をおこしているという事です。足の左のヒザの前左側にも異常反応をおこしているものです。
背骨6番目が前方にズレをおこしていますと膵臓全体に異常をおこしているという事になります。

逆に背骨の6番目が後方にズレをおこしていますと機能亢進で左足のヒザの後側を指で押すと痛いです。話は随分ズレましたが元に戻ります。

この様な人が奥歯を削るとさらに奥歯のかみ合わせが低くなるだけでなく背骨の下部もさらに前方にズレをおこすものです。
前方にズレをおこしていますとその骨と関係のある内臓が機能低下をおこすものです。つまり血流が悪くなる事です。さらに血流の悪い状態で内臓の手術をすると運が悪ければ命を落とす事になるものです。手術しなければもう少し長く生きていたのに・・・。

背骨の下から2番目、3番目が前方にズレをおこしていますと首の骨上から2番目3番目も前方にズレをおこしているものです。片方奥歯のみが低いと背骨も片方に前方、反対側は後方の捻れ、回転しているものです。首の骨も捻れ回転をおこしているものです。首の骨の上から2番目、3番目は前方、又は捻れ回転していますと不眠、昼間が眠い、夜中に何度でも目が覚めるということになるものです。

 

下顎の不随意運動

下顎が無意識に前後・左右に数秒おきにガタガタガタと動くものです。
顎関節の左右のメス側の骨が上下にズレをおこしているだけでなく歯及び歯のドテの周囲の骨も上下にズレをおこしているものです。

  

ヒザの痛み

痛い側の歯の咬み合せの高さが正常よりも高いか低いかにより脛骨(ヒザと足首の間の内側の大きい骨)が前方にズレるか後方にズレるか。又下顎が正中線よりも片側にズレますとズレをおこした反対側の腓骨(ヒザと足首の間で外側の細い骨)が外側にズレをおこした時の痛み、又顎関節のメス側の骨である側頭骨が下にズレをおこした側)つまり乳様突起が下に下がっている側(左右の乳様突起を触ればわかる)、は首骨、背骨の各骨はズレをおこした側にズレ落ち、肩も、腰痛も反対側に比べてズレ落ちる為に片方のヒザの隙間が狭くなるものです。狭くなって人によっては半月板損傷となる事もあります。

また、体に合わない薬を服用したり、歯の矯正治療したり歯のインプラントをうめてある場合には首の骨、背骨のすべての骨が前方にズレる為全身の血流が悪い故に風船玉が空気を抜けた状態のようにヒザの隙間だけではないが体のフシブシの関節部分が狭く又全身の血流が悪い為に筋肉も同じ様に違和感を訴える様になるものです。但し若いスポーツマンには反応が薄く、身体の弱い人には足のヒザ、眼、頭痛又血流が悪い為に手術しても失敗しやすいものです。
内臓の血流が悪い状態で手術したが為に死を早めたとたまに耳にするものです。しなければ良かったと・・・

  

随分前になりますが東京都内のK大学病院の医師曰く、まともな手術は週1例か2例。

あとは医者の為、医学の進歩の為と聞いた事があります。又「あった事にしとこう」とか又別の人は医者の自分の家族には薬は余り出さないが他人には出す、とか、歯のインプラントも知り合いには絶対に入れない、他人には入れる、とか、色々あるものです。

話はズレましたが首の骨が逆カーブつまり後方カーブしますと、首の骨、背骨はすべて前方にズレをおこし体全体の血流が悪く体がとてもダルイです。この様な状態になりますと足のヒザの外側の腓骨が左右共に外側にズレをおこしやすいものです。その為にヒザが痛くなったりする事があります。

  

足の裏、甲の痛み 但し足の指は別

前寄りの歯が咬みあわせた時高ければ反対側の足のかかとに異常
奥歯の歯が咬みあわせた時高ければ反対側の足の裏の前寄りに異常
咬み合せた時低ければ足の裏ではなく足の甲側に異常
足の内側の裏側に痛みがあるならば、反対側の歯の外側に強くあたっているか足の内側の甲寄りが痛いならば反対側の歯の外側にあたりが弱いということになります。
足の指は同側の反応します。

右足の親指は右側の1番奥歯の反応です。右足を軽く引張ると体に異常反応するならば右奥が高いという事です。右足親指を逆に奥へ押し込むと異常反応がするならば右奥歯が低いという事です。
又頭の大脳も同じ様に右の奥歯が低いと右の大脳の後側が血流が悪い事を意味します。
右の奥歯が高すぎるとその逆です。又背骨捻れ回転をするものです。背骨の捻れ等の異常と認知症との関係は言われていますが元をただせばすべては歯と噛み合わせです。

第70回 O脚・X脚による足のダルさ及び大汗(多汗症)と顎関節症との関係

O脚・X脚による足のダルさ及び大汗(多汗症)と顎関節症との関係とは

  

左足のヒザ関節の異常反応は膵臓、右足のヒザ関節の異常は肝臓に夫々反応しているものです。

そして膵臓ならば背骨の上から6番目の骨から神経が膵臓に走っているものです。肝臓ならば上から8番目の背骨から神経が肝臓に走っているものです。

足のO脚は背骨の上から6番目の骨が右寄りが後方に左寄りは前方の回転捻れをおこしていますと、左足のヒザ関節の骨である脛骨も同じ様に右寄りは後方、左寄りは前方の捻れをおこしているものです。

この場合確認する事が出来ます。

左足のヒザ関節の骨である脛骨の後側の内側寄りから前方へ押しますと痛みを感じるものです。但し左ヒザの前から後方に押しても痛み等は感じないものです。そして背骨の上から8番目の骨は肝臓と反応しますがこの8番目の骨は背骨の上から6番目の骨とは必ず逆方向の捻れ反応をするものです。つまり8番目の骨の右寄りは前方に左寄りは後方の捻れ回転をするものです。

これで左右の足のヒザの脛骨は左右共に内側は後に外側は前方にズレる事によりO脚となるものです。足のX脚は背骨の6番、8番の捻れはO脚の逆方向に捻れ左右の足のヒザの脛骨の外側は後方へ内側は前方にズレる事によりO脚のすべての逆方向にズレるものです。

この様にO脚、X脚を長期間のまま放置しますとヒザの半月板損傷をひきおこし、杖を必要とするものです。

共にO脚、X脚の共通している所は共に足のヒザから下に血流が悪く足が冷えるとか逆に足が熱ぽいとか、常に足がダルイとか体のある一部分だけが大汗をかく(多汗症になる)と訴えるものです。足の水虫は細菌の感染症ですが血流が悪い為に急性症状をおこし痛みを引きおこすものですが血流が正常に流せば1〜2日で自覚症状だけは消えるものです。

膵臓、肝臓だけに異常反応おこすだけでなく、そこから下の内臓にも異常をおこしやすいものです。これらは足のヒザの捻れをとり、背骨の6番、8番の捻れをとり口の中の上顎の歯のドテを個人によって違うものですが、大脳に向かって押すとO脚、X脚はほぼ解消するものです。但し顎関節症を治した上で歯の咬み合せ調節をした上での話です。

左右の足のヒザをヒモ又はベルトで巻き付けますと必ず首の骨は後方カーブとなり病的な状態になりやすく足のヒザも時間が経てば元の状態に戻るものです。

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療

▲ ページの先頭に戻る