第27回 顎関節症・歯の噛み合わせによる全身への影響

顎関節症側の奥歯寄りの歯を支えている歯肉の土堤(ドテ)は反対側よりも下へ下がり、その側の大脳は血液の流れが悪く、反対側の片側は眼から足迄も血液等の流れが悪くなり、片側の首・肩・内臓等がなかなか治らないというのも、血液等の体液に運ばれる酸素、その他の供給が悪くなり、治癒力がおちることになります。

又色々な悪条件がかさなって、40才以上におこりやすい脳硬塞も血液の流れの悪い側の脳に、そして反対側の体にマヒがおこるのも同じです。(川でいうなら、ドブ川と清流の違いです。)

それでは歯を支えている奥歯の土堤(ドテ)が左右共に奥寄りが下へ下がっていますと、左右の肩が前へ出て、背中が曲がってくる事になります。又全身の冷え症になりやすくなります。

一般に冷え症は首の骨が直又は逆カーブの場合には自律神経失調症になっています。血液等の流れが悪い故に左右共体中がダルイ、疲れやすくなります。

原因は歯の矯正治療した場合、頭蓋骨がズレた状態で上下の歯をキッチリと咬ませた場合、又は片方の歯だけが抜けていたり、入れ歯が合わない。又は1番奥の歯(親知らずの歯ではなく、親知らずの1歩手前歯)が左右共に抜けていた場合には、ほとんどが首の骨が直又は逆カーブになっています。歯の矯正治療で顎関節症を治すというのは誤りで、歯並びを治す事は必要ですが、左右の頭蓋骨がズレた状態で歯並びだけ治す為に(レントゲンを撮ったとしても・・・)

歯にワイヤをかけて外的障害で頭蓋硬膜の緊張(病的な状態になる)をひきおこしている事を忘れています。緊張をとると体中のズレが元に戻り、歯も元に戻ろうとします。
保定装置をつける事により歯も元に戻れないと体の不調をいつまでもとれないことになります。この様に歯の矯正治療した後に本当の顎関節症の治療(歯を高くしたり 又は歯を削って調整)をやらねばなりません。
治療期間も普通の人よりも何倍も治療期間が要します。

それでは歯の咬み合わせの調節と伸ばしましても、体中の体の反応を見ながら歯の調節をしなければなりません。

例をあげますと、左の奥歯が高いとしますと。頭の左の大脳の後に異常反応をおこします。そしてその側の顔のほほ骨が前方へ飛び出し、頭蓋骨の中心にある蝶形骨は左右一対ですが この骨の角(つの)の突起が下向きに2cm程左右に伸びています。その突起が左右の上の奥歯さらに1.5cm奥に突起の先端が触れます。左の突起が前方にきます(歯の咬み合せが低い方が後へさがっています)但し、この時に体中の骨格正常の時です。

骨格がズレとりますと逆になり、正常に戻すと、これは本当のズレに戻ります。そして ほほ骨が前方へ飛び出した側の反対の首・肩・腕に痛み、凝りがおこります。そして同側の足のヒザの頸骨(ヒザの内側から足首迄)が後にさがり、ヒザの後内側を指を押しますと痛みがあります。この頸骨は足首では前方へ出るものですから、足がねんざしたり、つまづいたりします。そして、この足は反対側よりも長い足になっています。そして、足の甲の内側が膨れています。

もう1つ例をあげますと、今度は「ほほ骨」ではなく、「おでこ」が前へ出ていますとその側の前寄りの歯が奥歯より高くなっていることです。
そして反対側の内臓である腎臓・肢関節に異常反応がおこります。
(つまり、奥歯から前歯にかけて歯の咬み合せの高いところが変われば、内臓の異常反応も首・肩から下へ下がって腎臓・肢関節に変わります)
足のヒザの脛骨は今度は前方へきます。足の甲の異常も外側へ変わります。
(奥歯より前歯へ歯の咬み合せの高さが変わることにより足の甲のあたりが親指の内側から小指の外側へ重心が移動し、又異常反応をおこします)
又、左右の「ほほ骨」又は左右の「おでこ」が前へ出て来ていますと、首の骨は完全に直となり、自律神経失調症をひきおこし、体の真中の部分、のど、食道、みぞおち、子宮等に異常反応がおこります。ここで異常反応を消すにはどこかの歯の咬み合せが高いか、低いかです。
又、左右の「ほほ骨」「おでこ」がすべて前へ出ていますと体中がむくんで、相当よくないという事です。

又、左右の歯の咬み合せの高さのバランスが崩れていますと、低い側におしりの真ん中の骨である仙骨が低い側にズレをおこし、仙骨がズレますと頭蓋骨の後頭骨も同じ方向にズレをおこします。

この後頭骨が首の骨を支えています。この首の骨の頸推一番(首の一番上の骨)が回転変位するものですから、互いに補正している腰の骨である腰推5番もズレます。 ここでおしりの仙骨・腰推もズレることにより、ギックリ腰とか腰痛を引きおこします。

頸推1番がズレますと背骨の1番2番もズレ心臓に影響が出ますし、又、頸推1番は背骨の10番目もズレ、腸にも影響をおこし、そして、腰推5番がズレると背骨7番にもズレをおこし、免疫力を左右する脾臓に影響におこします。

というように、次から次へと歯の咬み合せのバランス崩れが頭蓋骨だけズレをおこすではなく、体中に悪影響をおこします。
顎関節症は顎だけの問題ではありません。体全体の問題となります。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

第26回 原因不明の頭痛・高血圧・低血圧と歯の噛み合わせとの関係

原因不明の頭痛、但しすべてではありませんがほとんどがこれから述べるタイプです。

足のつま先が左右共に内股になっていますと頭蓋骨も左右・前後共に外から内へ圧迫されている状態になり、息を吸うと屈曲 となり頭の左右の骨が外へとひろがり前後の骨は逆に中心に向かって圧縮した状態になり息を吐くと頭の骨は伸展となりすべて の骨は息を吸う時の逆に動く、ものですが、頭蓋骨も左右前後共に圧迫されていますので、思うように動けなくなるだけでなく 血液(酸素・栄養物等の運搬)の流れが頭蓋骨だけが悪くなるのではなく、体全体の流れが悪くなり、(頭蓋骨だけが屈曲・伸展するだけでなく、体全体が屈曲、伸展となり、魚が静止していて尾のほうが少し動かしているように・・・)

色々な不定愁訴が出てくることになりますが、そこでおしりの尾骨が前方にズレか後方にズレか又は左右どちらかにズレをおこしていることになります。このおしりの尾骨は歯の噛みあわせの高さと深い関係があります。上顎と下顎の歯の噛みあわせの高さ、又は前よりが高い か後ろよりが高いか、又は左右の歯の高さの違いがおしりの尾骨と深い関係を持っています。

この関係が頭蓋骨の各骨及び大脳との関係をもっているだけでなく首・肩・内臓・骨盤・肢関節・足のヒザ・足首・足の外反 母趾とかすべてに関係しています。足のつま先の開き具合により歯の噛み合わせの位置及び体全体が変化を起こすことになり ます。

又原因不明の高血圧、低血圧は頭の後ろの後頭骨(頭の後ろから頭蓋骨の下をとおる首の骨の前)と左右の側頭骨(耳のあた りの骨)との後ろより境目がノコギリの刃 又はリアス式海岸のようにギザギザになっているところが後頭骨が中へ押込めら れていると高血圧(水道のホースの先をつまむように・・・)逆に後ろに飛び出していると低血圧(ザルに水を流すように・ ・・)です。
又腰椎ヘルニアの手術(髄角が飛び出してバラバラになっているのは手術しかない)で50%は成功50%は失敗とも言われてい ます。成功の50%は必ず再発するとも言われていますが髄角が飛び出している反対側の脳及び反対側の歯の噛み合わせの高さに異常をおこしています。反対側の歯の噛み合わせの高さを修正すれば髄角は元の状態にもどるものです。

慢性の鼻炎・花粉症も同じです。
又スポーツ選手は早死にするのは体がズレていても、体の筋肉が発達している為、骨格がズレていても気がつかないものです 。
筋肉が衰えてくると症状が出てくるものです。
その初期症状病気が進んでいる普通の人の症状ではなく相当病気が進んだ状態である為、初めての自覚症状も強く出て来て、 そして手術しても普通の人よりも血の流れが悪い為に中々治りが悪くそして・・・です。

今述べたものは100%当てはまるものではなく例外もあります。このように頭蓋骨の調整した上で歯の噛み合わせのバランスの調整が大切かがおわかりでしょう。

頭蓋骨がズレておりますと必ず首から足がズレをおこしています。この様な状態で歯の噛み合わせの調節をすればする程ます ます体の調子が悪くなるばかりです。

足のつま先が片方だけが内側に傾いていていますと、その反対側の頭蓋骨が圧迫されそして脳に異常をおこし、頭痛が起こしやすくなります。歯の咬み合わせの高さは、足のつま先が内側に傾いている側が反対側よりも低くなっています。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

第25回 顎関節症と脳・内臓との関係及びねこ背

の前面が神経支配しているのが足であり後面は頭であり側面は反対側の内臓及び骨格であり、脳の真中の正中線上は後ろから前にかけて体の真中の鼻、のど、首、食道、背中の痛み、みぞおちの裂孔ヘルニヤ(ヘルニア hernia)、胃、子宮、痔、前立腺の神経を支配しています。

自律神経失調症及び自律神経失調症のうちの「うつ病」は必ず脳の正中線上に異常をおこし、又、大なり小なりの「ねこ背」をおこしています。

そして血の流れが悪い為、両足の冷え性、又は両足のだるさを持っています。この様に自律神経失調症は、首の骨は「直」又は「逆カーブ」です。これを治すのは歯の咬み合わせです。
それではこの脳の異常反応をおこしている原因は、上唇を上へめくり上げますと真中の上唇小帯と下唇を下へさげますと真中の下唇小帯があっているかどうかです。又、歯の一部分の歯の咬み合わせが高すぎるか又は逆に低すぎるかです。

右のおでこのあたりの脳が異常反応をおこしていますと(時には頭痛)その側の歯の咬み合わせの高さが高いか、低いかどちらかであり神経は左右逆になっている為に左の足のどこかが痛いところがあると云うことです。又、右横後の脳ですと左の首・肩・腕・手が凝っているということです。

それが左右横後ですと真中の脳も異常反応をおこし左右の首・肩・腕・手が凝っているだけでなく、首の骨は「直」になっています。そして自律神経失調症をおこしています。そしてこの様に脳に異常反応をおこしますと血流等が悪く、色々な脳の病気(脳梗塞、アルツハイマー等)を引きおこすことにもなります。その為、一生涯大きな病気をおこさなければよいが・・・と云われるのもこのことです。
左の手・足の両方がしびれるというならば右の側面の脳に異常反応をおこしていることです。
肝臓右ならば左の脳、副腎ならば左右の脳の左右同じ位置の辺りに異常をおこしています。
そして自律神経失調症に必ず反応するのは左右の耳と耳とを結んだ頭頂骨の正中線に「百絵」という「つぼ」があります。
この「百絵」の反応を消すには歯の咬み合わせの高さのバランス(前後・左右・対角線)が関係していますし、また一時的に反応を消すには両足のつま先を一パイ外側に開けば消えますが百絵だけでなく正中線の異常なところも一時的に消え、背骨もピンと張るようになるだけでなく、咬み合わせの高さも変わってくる事になります。つまり「ねこ背」が消失する事になります。

またあおむけに寝た時に左右の足の開きが均等でないということは、頭蓋骨が捻じれをおこし顎関節症をおこしているだけでなく脳の異常又内蔵のどこかが悪いところがあるということです。
そしてそれを打ち消すには脳の異常反応をみながら歯の高さを調整しなければなりませんが頭蓋骨がズレ、捻れをおこしている状態では逆効果となります。

頭蓋骨のズレ、捻れをおこしていますと必ず頭蓋骨から下の体がズレ、捻れをおこしております。頭蓋骨から下だけを治しても頭蓋骨は正常な状態には戻りません。(但し子供の場合は除く)
頭蓋骨から下を治して、それから頭蓋骨の調整をせねばなりません。又頭蓋骨だけ動かそうとしても動きはしませんし、頭蓋骨がズレ、捻れた状態で歯の咬み合わせを作っていますと首から下を治しても上下の歯で食べ物を咬んだりしますと又元のズレた体に戻ってしまいます。
「ねこ背」は足のつけ根の股関節に異常をおこしています。そして左右の股関節と関係のある左右の歯を調節しなければなりません。

普通の歯は歯根膜というクッション作用を持っていますが頭の骨と骨との接している縫合部が固着していますと歯の咬み合わせの高さが正常であっても高く感じます。固着をはずしますと患者は高くないとよく咬めると申します。(高いからと云って歯を削りますと脳に異常反応をおこします)
また走ったりした時の衝撃が加わらない為に背骨は前後にS字湾曲、首の骨は前湾に曲がってクッション作用を持っていますが人工歯であるインプラントの場合は骨に直接くっついているゆえにスプリング作用がない為、咬む、くいしばりにより上顎から直接に脳に衝撃を加わり頭痛、首、肩に初め色々の問題をひきおこします。 (グラグラと動いているのではなく、しっかりくっついている為に・・・)

歯科で一番多い医療紛争はインプラントです。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

第24回 顎関節症によりおこる口の中の骨のズレ

頭蓋骨の中心に位置する蝶形骨(左右の目の後1.5cmに凹んだ骨で左右一対の骨)は頭蓋骨の全ての骨と接しています。(細かい小さい骨は除く)この骨の角(つの)は左右別々に長さ3cm位で下に向かって伸び(翼突鈎)この角(つの)は上顎左右奥歯の1〜1.5cm後奥にこの突起の角(つの)が出て来ており、この突起と上顎骨とは接していますが正常な人はこの突起が左右同じ位置に来ていますが、顎関節症の人はこの突起の片方が前、反対側は後へと左右一対の骨が捻れ、そしてさらに大なり小なり、この左右の突起が上下にズレを起こしています。

この蝶形骨の内面には脳が入っている器の一部であります。脳から出ている脳神経・血管の出口は蝶形骨と後頭骨の境目辺りに集中しています。この辺りに捻れズレを起こすと不定哀愁を引き起こします。

蝶形骨と隣接している頭の後の後頭骨(頭の後から下へまわり首の骨の前迄で、首の骨を支えているのは後頭骨)の異常は歯の奥歯が高い事を意味しています。

頭のおでこの異常は前よりの歯が高い事を意味しています。

蝶形骨を動かそうとするならば互いに補正しているおしりの尾骨を正常にしなければなりません。後頭骨ならばおしりの真ん中の骨である仙骨です。

そして、上顎の左右の上の歯と下の歯の間にある骨(口蓋)が真中を境にして左右の高さが上下にズレています。身体が疲れてきますと口がゆがむのはこの骨です。

又、人によって、上顎の前歯の正中線と下顎の前歯の正中線がズレていますと、身体も捻(ねじ)れていますが、老人になって筋肉が衰えてきますと、ストレートに骨に負担がかかり、背中が曲がるか、足のヒザがくの字に曲がるか、どちらかです。又、オープンバイトといって奥歯の1〜2歯しか当たらなくて、それより前の歯が全て隙間が出来るタイプもあります。

このように頭蓋骨の一つがズレ、捻れをおこしますと、頭蓋骨全部がズレ、捻れをおこすだけでなく、頭蓋骨の下の首から足先のつま先迄(左右の足の開き)迄異常をおこしています。この様な状態で歯を抜いたままとか歯を削って歯に冠を被せたり、入れ歯を作るときにグーっと上下の歯を咬んで歯型を取るとか、1度だけでも口を開け閉めするだけでもさらに頭蓋骨がズレ、捻れをさらに悪化させます。

その為に、顎関節症を治してスグに歯の咬み合わせの調節を少しづつ何度も繰り返しながら何回もグーっと強くかんでも頭蓋骨がズレないように歯の咬み合わせの調節をするのです。

第23回 歯の咬み合せ

顎関節症を一時的に治した上ですぐに歯の咬み合わせの調節をしなければなりません。咬み合わせが狂ってしまいますと顎関節症に戻ってしまいます。

例を挙げますと

  1. 腰の骨(腰椎)が下方変異(腰椎の左右どちらかが下に下がり反対側は上に上がっている)していますと、足・背骨・首の骨・頭蓋骨も全ての片方が下がり、反対側は逆に上がり、天秤(てんびん)のようになっています。上顎でいいますと、下がっている側の上顎骨を上げてきますと反対側の歯の咬み合わせが高くなります。
  2. 腰椎の回転変位していますと頭蓋骨の左右の骨が前後に捻れています。
  3. 上顎の前歯の正中線と下顎の前歯の正中線を合わせなければなりません。但し、左右の歯の高さで上下顎の正中線を合わせますと体が捻れ、左右の足の長さも違いだけでなく、腰と肩が逆方向に捻れ、頭蓋骨も捻れ、体の不調が引き起こします。

これら1・2・3を正常な位置に持ってきますと、どこかで強く当たっているところと、弱く当たってるところが出てきますと頭蓋骨が異常反応を起こしているところがあります。そして、首の骨、背骨、骨盤、足の膝、足のヒザ、足のつま先、足の甲、足のかかと、内臓、特に内臓のうちで一番疲れやすいのが腎臓、その時右の腎臓か左の腎臓等かをみて、さらに顔の左右の頬骨が前方へ出すぎてしまいますと脚のヒザの脛骨左右とも後へ下がりますと、背骨の上部に負担がかかり、猫背・無意識の咳が出やすくなります。逆に左右の頬骨が後へ下がりすぎると足のヒザの脛骨が左右共に前へ出て足のヒザに負担となりヒザが変形を起こします。左右の頬骨が左右共に同じように前方に出ているか左右共に後方に下がっていますといますと両足の冷え性・足がむくみ首の骨・背骨が全て直(正常は前湾です)となり、不定愁訴のかたまりとなります。

又、片方の頬骨だけが前方、もう片方は後方になりますと、前方に出ている側の方が血の流れが悪く、その側の足だけが冷え症となり、顎は片方だけ音が鳴りやすくなります。この場合も左右の頬骨が前後のズレが大きいと首の骨は直となります。

これらの事を考慮に入れながら歯の咬み合わせの調節を致しますと、頭蓋骨の前後・左右共にバランスのとれた形になりますと多少腰が痛いとか、背中が痛いといっていても無視すればよいことになります。 (勝手に補正して治ってくれます。)
頭蓋骨を正常にすれば、首から下の骨も正常に動いていることです。又、頭蓋骨、歯の咬み合わせのバランスがとれていなければ舌骨(下顎骨の真ん中より下で舌の下)が正常な位置からズレていることになります。頭蓋骨の各骨をバランスをとれますと、歯の咬み合わせで舌骨を正常な位置に持ってきますと、頭のてっぺんにあるツボ「百合(ひゃくえ)」も正常反応を起こし、この「百合(ひゃくえ)」は自律神経の交感神経と副交感神経のバランスをとるツボです。
この「百合」が異常反応を起こしますと、自律神経失調症又、自律神経失調症のうちの一つである「うつ病」と関係があります。首から下を良く治したところでも50〜60%後の残りは頭蓋骨です。首から下を治しても頭蓋骨は動かないものです。但し、中学生迄の成長の最中ですと補正して頭蓋骨は動きます。
成長末期の高校生以上は先に首から下を先に治してそれからすぐに頭蓋骨の調節に移らなければなりません。首から下をやらずに頭蓋骨をやると頭蓋骨をこわすことになります。

機械で言うなら油を先に流してそれから機械を動かすように・・・。頭蓋骨まで正常にしましてもまた歯の咬み合わせのバランスが悪いとスグにもとの状態に戻ってしまいます。
そこでスグに先ほど申し上げたように頭蓋骨を初め体全体を見て歯の咬み合わせの調節をしなければなりません。

ほとんどの歯医者は歯の咬み合わせの調節は歯の高いところの歯を削るでしょう。頭蓋骨及び体の捻れ、ズレのバランスの事を頭に入ってないから歯医者に行けば行くほど体が悪くなるというのは本当の話です。

このように顎関節症及び歯の咬み合わせを直すのは体全体の事を知り、又体中の痛みをとる位の腕がないと出来ないということになるます。整形外科に行っても治せなくても、整骨院へ行っても治せなくても治す腕が必要となります。
ですから顎関節症は世界的に余り治せないということになります。アメリカの某歯科大学の顎関節症は体全体を治すところがあると聞いています。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療

▲ ページの先頭に戻る