第13回 うつ病・自律神経失調症と顎関節症の歯のかみ合わせ

首の骨7つのうち一番上の骨(頚椎1番)は顎関節症側へ回転変位を致します。但し、頭に打撲をうけた場合は顎関節症側と反対側へ回転変位を起こす場合があります。このような状態になりますと体の調子はさらに不調を増します。
顎関節症及び頭蓋骨の捻れがさらにひどくなりますと首の一番上の骨がより一層、回転変位を増します。

その次の二番目の首の骨は一番上の骨を元の状態に戻す為に逆回転変位をおこします。
この逆回転変位をおこしたのが自律神経失調症です。ところが一番上の首の骨と二番目の首の骨が同じ方向に回転した場合は自律神経失調症をさらに悪くした状態で、うつ状態を起こすといわれています。
うつ症状すべてではありませんが

  1. 目まい
  2. 頭痛
  3. 大汗
  4. 無気力
  5. 胃が痛む
  6. 細かい事をブツブツ言う
  7. 時には耳鳴り

首の骨上から二番目までは頭蓋骨から脳幹が垂れ下がっております。死亡しますと脳幹は頭蓋骨内に戻ります(脳幹:人間が生きてゆく為に最低必要な呼吸・体温・生理的作用をつかさどるところです。針で少しのキズをつけるだけでも即死です。)

そしておしりの真ん中の骨である仙骨から背骨までの脊椎神経は首の骨の二番目で終わり、そこから脳幹とつながっています。背骨の異常も原因ですがここのつながりの異常を起こしますと原因不明の不定愁訴をおこします。
首の骨一番二番を正常に戻すには頭蓋骨及び体全体を正常に戻した状態ですぐに歯の咬み合せの高さのバランス(左右・前後・対角線)を決めることです。体の骨格の異常をとり除かないでやりますと神経伝達不良に正確な歯の咬み合せが出ない事になります。頭蓋骨、及び体全体のスイチングをとり除くことにより歯を片側だけ故意に高くしますと頭が足迄すべての骨・内臓の悪いところが左右逆になるものです。人間の体は超精密で又神秘的です。

教科書では
自律神経は交感神経と副交感神経にわけられます。自律神経失調症は交感神経の過剰の病気です。うつ病は副交感神経の過剰の病気です。首の骨、背骨の異常の部位によって交感神経・副交感神経とに分けられます。そしてその異常部位が過剰に反応したのがうつ病・自律神経失調症の病気をおこすのです。ほとんどの体中の骨又筋肉・内臓も変化をおこします。
体が捻れ、傾いた状態で歯だけをきっちり咬み合せをつくってしまいますと捻れた体、傾いた体を元に戻そうと思っても誤った歯の高さが障害になって元の正常な体の状態に戻れないということになります。
頭蓋骨に神経の90%おしりの真ん中の骨の仙骨に10%があると言われています。故に顎関節症を治すには頭蓋骨を始め体全体の骨格を治しながら、歯の咬み合せ、マウスピースの調整をしなければなりません。(顎関節症は頭蓋骨調整だけで治るのは若い人です。歯をいじっていると必ず歯の咬み合せの調整が必要です)

顎関節症を治せばあらゆる病気が治ると言われる所以です。

又、顎関節症をおこしていますと頭の形が左右・前後を両手で触って違う場合一生涯において大病しなければよいが・・・と言われる位です。
顎関節症を治すとすべてとは申し上げませんが難病・癌・肝炎にしても病院での検査にはひっかからない事になります。免疫力、治癒力がつくためと思われます。
鼻がつまるのは顎関節症側です。花粉症はアレルギーですが原因は顎関節症側の血流悪化にあります。
うつ病、自律神経失調症の治療は主に対症療法です。症状を抑えるのが主です。薬の副作用での症状が出て薬の服用がやめる事ができなくなるともいわれています。長期の薬を服用しますと麻薬のように薬なしでは生活出来ないという結果になりやすいです。

場合によっては薬の服用をやめる勇気が必要です。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

第12回 入れ歯と顎関節症

顎関節症は頭蓋骨が捻れることにより上顎と下顎が捻れ・ズレを起こします。そして顎関節症側は強い力で咬み反対側は咬む力は弱いです。

歯医者が口の中へ紙を入れて咬み合わせの調整をして左右均等に咬めても実際口の中へ食べ物をいれると顎関節症側は強い力で咬む為入れ歯が転覆、又はガタついて痛みが出ます。

上・下顎ともに全く歯がない人で、上下の入れ歯を入れている人は入れ歯を手にとって上・下顎の入れ歯を咬み合わせて下さい。そして後側から上・下の咬み合せた状態で入れ歯を覗くと左右のズレだけでなく、左右の上下の高さが違っています。左右の高さの距離は顎関節症側の方が短く、反対側はその逆で上下の高さの距離は長くなります。このように顎だけがズレをおこしておりません。頭蓋骨を始め、体全体が捻れをもっている為、慢性の病気を持っているはずです。

又首から下を正しく調節しても頭蓋骨は動きません(頭蓋骨の成長時期は除く)。首から下を調節した後で頭蓋骨の外部を調整しさらに口の中へ指を入れて左右・前後のズレを調整します。
入れ歯を何個作っても無駄です。このような人は頭蓋骨を始め体全体の捻れをもっている為慢性の病気を持っているはずです。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

第11回 口のゆがみ

車のタイヤが脱輪またはパンクしますと車全体に歪みを引き起こす様に歯も同様です。奥歯を抜いたり削ったりしますと背骨の下1/3(腰椎の骨)に回転変異を起こします。そして背骨の上2/3(胸椎の骨)は背骨の下1/3の腰椎の回転変異をした逆方向に回転変異を起こします。また左右の奥歯の高さが違ってきますとお尻の真ん中の骨(仙骨)も左右のズレを起こし肢関節、足に異常を引き起こします。首の骨(頚椎)も腰椎とお互いに補正する為に首もズレを引き起こします。頭蓋骨はどうなのかといいますと歯の抜いた側、歯の削った側に顎関節症を起こしますがいずれ食べ物の咬みやすい側に偽の顎関節症を引き起こします。本当の顎関節症は歯の抜いた側です。(そこで頭蓋骨及び顎関節の図参照)上下の歯を閉じた状態で左右の奥歯とほっぺの肉の間に指を左右同時に口の中奥へ入れてみますと、スペースの違いがわかると思います。そしてそのまま口を閉じた状態で(口の中に指をいれたままで)頬骨の左右の高さ、又片方が前へもう一方片方は後ろへ、ズレを起こしているのがわかると思います。このように頭蓋骨は捻れを引き起こしています。

顎関節症は下顎の下顎頭(オス側)と側頭骨の側頭窩(メス側)その間の関節円板との関係だけではありません。頭蓋骨全体及び体全体に関係してきます。
特に頭蓋骨の中央の骨である蝶形骨(道路でいうなら交又点の位置)は頭蓋骨の主要な骨をみな接しております。そしてこの骨は左右一対です。左右の捻れ、左右の上下のズレ等をおこしていますので口の歪み、左右の歯の高さの違い、顔の痺れ、鼻づまり、花粉症、高血圧、低血圧だけではありません。この骨が捻れをおこすことによって体全体のズレを引き起こします。
首、背中、足まで異常を引き起こします。

難聴、耳鳴りがずっと続いている人は必ずこの蝶形骨が捻れを起こし頭蓋骨全体が硬くなっています。また体全体の捻れを起こし慢性の病気を持っています。医者に行っても治らない一生薬漬けとか医者も首をかしげる云うのはこの事です。

その為に頭蓋骨調整することになりますが素人療法の頭蓋骨調整(マッサージのような・・・)では治りません。

この様に頭蓋骨調整をした後、特に蝶形骨はスグに左右の歯の噛み合わせの調整をしませんとスグにまたもとの状態に戻ってしまいます。

第10回 顎関節から音が鳴る

顔の頬骨(ほほ骨)が後内側に入った側に音が鳴ります。
左右の音が鳴りますと左右の頬骨(ほほ骨)が後内側に入っている事になります。
関節円板は頬骨(ほほ骨)と顎関節迄の両側の2面で引っ張り合っていて、それがゆるんでしまうのが音の鳴る主な原因です。

頬骨(ほほ骨)が後内側に入りますとその側の股関節(足のつけ根)に異常をおこし、その側の足は外側に開きます。(つまりガニマタ)
そして足はO脚となるだけでなく、同側の頭の下から同側の足迄下へ引っ張られ、同側の首・肩の凝りを始め、同側の内臓にも異常をおこし(1番わかりよいのは腎臓が下へ下がります。走ると横腹が痛くなる事があります。)そして同側の足は重くなります。また時には体片側が冷たく感じることがあります。
片側だけが下へ引っ張られますと、それを元に戻そうと反対側は、上へ引っ張りますので横隔膜(みぞおち)が上へ上がったままになり、胸焼け(ゲップ)、心臓に異常なくても痛く又は動機しやすく、食道裂孔ヘルニヤ、胃下垂になりやすくなります。

横隔膜(みぞおち)が動かなくなると内臓のマッサージができなくなります。
本来は呼吸に合わせて横隔膜は上下に動くものです。
それをすべて治すのは体全体の骨格を治した後すぐに頭蓋骨調整をやり体の骨格が崩れないうちにすぐに歯の咬み合せ調節です。

顎関節症は顎関節だけが悪いのではありません。
体中のどこか捻れ等をおこし、それを補正する為に体中及び顎関節にも異常をきたします。

体全体の事を考えないで、体が捻れた状態、傾いた状態のままで歯を修復したり、歯の咬み合せの調節をすればするほど体の調子、頭蓋骨の調子がさらに悪くなり、原因不明の不定愁訴を引き起こすことにもなります。
頭蓋骨を始め体全体を正常な状態に戻し歯を咬み合せますと、歯の高いところ、低いところが必ず出て来ます。
そこで歯の高いところは削り、低いところは修復して正常な状態に戻します。


顎関節に音が鳴る あごの痛み 顎の音 歯のかみ合わせ 噛み合せ

第9回 歯の矯正治療後の体の不良

頭蓋骨は呼吸により屈曲→伸展→屈曲→伸展と正常ならば動いていますが、歯にワイヤーで固定することにより全く動けなくしてしまいます。
この様に外的障害を受けることにより硬膜が緊張し(骨の周りに内側から軟膜、くも膜、硬膜)それによって神経伝達機能不全をおこします。

医者に診てもらってもわからないと言われるのがこのタイプです。正常な人は下顎を左・右にイッパイ横にずらしますと反対側の足は右左共に短くなります。硬膜緊張しているタイプは無反応です。
両肩が凝り眠りが浅く、いつもだるく根気がない、歩くときは短い足側の足を引きずるような歩き方をしています。立っていると前後に揺れます。又、その側の頭から足迄の片側半分の体が硬くなった状態です。硬膜緊張していないタイプの顎関節症は下顎を横へずらしますと右か左がどちらかの一方の片足だけが無反応です。そしてまっすぐに立ちますとお尻が片方へずれてるために足に異常を起こしそれを補正する為に体全体に異常を引き起こします。


歯の矯正治療後の体の不良 歯列矯正 頭蓋骨 頭蓋硬膜の緊張

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療

▲ ページの先頭に戻る