第21回 左右の歯の咬み合わせの高さと体との関係

顎関節症は頭蓋骨の左右・前後・上下のねじれですが、一箇所の関節がズレを起こせば必ずそれを補正するために他の関節が異常を起こし、そしてそれが次から次へと体全体に異常を起こし、左右の足の長さの違いを起こします。

上下の歯をグーっと強く咬みますと、左右の足の長さの違いが増します。寝ているときの「歯ぎしり」「くいしばり」はグーっと強く咬む力よりも2〜3倍強く、下顎の骨がひん曲がるくらいに咬むと言われています。

左右の足の長さが違いますと、背骨・首の骨は左右にS字状に曲がり強く咬むとそれ以上に強く左右にS字状の蛇行を起こします。当然、頭蓋骨、骨盤、足の各関節にズレを引き起こします。

そこで左右の歯の高さとなりますと大なり小なりの上顎についている左右の歯の「歯のどての骨」が上下のズレをおこし頭蓋骨全体も左右上下にもズレを起こし、頭蓋骨を支えている首の一番上の骨である頚椎1番も左右が上下にズレ、そして頚椎1番は腰の骨である腰椎5番と互いに補正しています。

そして腰椎5番も左右が上下にズレを起こし、下にズレを起こしている側が歯の咬み合わせの高さの低い側つまり座骨神経痛が起こり易い側です。

反対側の上にズレを起こしている側は腰推ヘルニアを起こしやすい側です。頭蓋骨及び身体全体の骨をゆるめた状態にしますと頭蓋骨の左右の耳のあたりの骨(側頭骨)を左右逆方向にねじりますと腰がねじれ、左右の足の長さがはっきりと違いが出てきます。そして今度は左右の耳のあたりの骨を先とは全く左右逆方向にねじりますと、今度は先のねじれと違って全く逆方向にねじれ、左右の足の長さ、骨盤も全て逆方向にねじれます。左右の足も逆になります。

(例)背骨のうち、全てではないのですが、左前方回転しているのが3箇所あるとしますと首の骨も左前方回転しているのが3箇所あるということです。そしてこのタイプは歯の高さは左側が低いか又は左側に歯が抜けた状態かどちらかです。

(例)仰向けで寝た時、左右の足のつま先が左右共に右側に向いているとしますと、右側に向いている側の上下の歯の咬み合わせが高いとなります。そして右ヒザの裏内側の脛骨(ケイコツ)を押すと痛みが出ます。そして右の肢関節の足のつけ根の肢は外側に向いています。血の流れも反対側よりも悪いために内臓も右側が弱く、足もむくみ、目も右側が反対側よりも疲れ、そして足がつるのも右側です。

顔の右のほほ骨のオデコは前方へ出て、鼻は反対側に傾きます。そして舌骨(舌の下であり、下顎骨の真ん中下あたり)はまわりの筋肉で滑車のように引っ張られています。骨と骨とでつながってはいません。この舌骨は歯の咬み合わせの低い側にズレていきます。

さらにひどくなりますと「喉ぼとけ」も同じようにズレを起こします。
この舌骨のズレは頭のてっぺんの骨である頭頂骨の真ん中と左右の耳から交わったところに「百絵」という「つぼ」があります。この百絵はストレス、うつ病、自律神経失調症の人は必ずこの「つぼ」に異常反応を起こしにいます。
又、この舌骨は首の骨にも関係を持っています。

首の骨が正常な人は前方に湾曲のカーブをしていますが、不定愁訴のある人は首の骨は「直」または「逆カーブ」を起こしていますし、人によってはどこで咬んでいいのか咬む位置が定まらないのはこのタイプです。首の骨を「前方の湾曲」に治した上で歯の咬み合わせを治すことになります。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

第20回 顎関節症と体との関係

顎関節症は頭蓋骨の左右の側頭骨(耳の辺り)が左右逆方向にねじれ、又左右が前後逆方向に捻れ、そして又左右が上下にズレをおこした状態です。

その頭蓋骨の左右の顎間接窩(上顎の間接のメス側《受け側》)と下顎の下顎頭(オス側)とがうまくいってないと言うことです。

この様な状態で新しく歯に冠を被せたりインプラント入れ歯を作ったりしますと、頭蓋骨がズレた状態でしっかり咬ませてもその歯が高すぎか低すぎか分かりません。左右のバランスが崩れて、元の正常な状態に戻れません。

ズレ、捻れをおこした顎関節症は2通りがあります。
1つは初期の状態の顎関節症、顎関節症側の頭蓋骨片側半分は前後から圧迫された状態です。
さらに進んで頭蓋骨の左右の片側半分は前方へズレをおこした状態(後の後頭骨も前へズレ)この状態になりますと、自律神経失調症を引き起こしています。

そこで頭蓋骨のほほ骨が前方にズレをおこしている側の目は疲れやすく、その側の腎臓は異常反応をおこし、その側の足はむくみ、血液の流れが悪い為に酸素不足で“足がつる”ということになります。そして足の付け根の肢関節は外開きとなり、足のヒザと足首の間の脛骨(内側の太い骨は脛骨、外側の細い骨は腓骨)が足のヒザの裏の内側を押さえますと痛みが出ます。
これはヒザのところの脛骨が後へ下がって筋肉を圧迫しています。そして足首のところは前へ押され足首が固くなり“ねんざ”を起こしやすくなり、足の甲はピンポン玉のように少し盛り上がります。反対側の足のヒザの脛骨は逆に前へ出ています。

つまりほほ骨が前へ出ている側は血流の流れが悪い為にその側の歯周病、内臓に弱いということになります。
それでは左右の目が疲れるとなりますと、左右の腎臓も異常を起こし、足のヒザの脛骨は左右共に後に下がっているということです。

次に頭蓋骨の上下のズレは口のゆがみだけでなく上顎の左右の歯の周りの骨が歯・舌の真上の骨である口蓋骨も左右の高さが違っています。

この様に頭蓋骨を始め体全体のズレ・捻れをおこしていますが、頭蓋骨・背骨・おしりの仙骨のズレ・捻れがひどくなりますと、脳脊髄液減少症という状態になることもあります。
脳の第4脳室で作られるのですが、漏れてしまうということです。

雨降りの時テントの内側に指をあてると指に水が流れてくる様に、常に鼻水、耳の穴から液が漏れてくるということです。
そして頭蓋骨内の脳の入っている器には脳脊髄液は常に満たされないために、脳の一部が直接骨に当たる為に頭痛、めまい、フラフラとかおこしやすいと言われています。

言い忘れましたが、首から下を治しても一旦立ち上がりますと又、元に戻ってしまうということは、頭蓋骨がズレている状態で左右の歯がしっかり咬んでいるだけあって、どこかに歯の低いのがあるということです。

その低い歯を高くすると首から下が正常な状態に戻ってくれます。但し、頭蓋骨の調整をした上です。
頭蓋骨の調整は外から骨と骨の縫合を緩め口の中へ指を入れて各骨をソフトに動かしてゆきます。

口の中へ指を入れることができるのは歯医者か医者だけです。法律で定められています。

第19回 うつ病・自律神経失調症と顎関節症との関係

うつ病・パニック症等の自律神経失調症の頭蓋骨の左右が必ず前後逆方向にズレをおこした状態で、左右の側頭骨(耳のあたりの骨)も左右逆方向にねじれをおこしている顎関節症です。

【うつ病】 …夜寝れない、気力がない、目まい、胃が痛む、大汗が出る、耳鳴り、頭痛、細かい事をブツブツ言う。

このような、すべての症状が常に出るとは限らないですが、大汗だけ出るか、出ないかにより、うつ病と自律神経失調症の違いともいわれています。

そしてこの場合の頭蓋骨が前にズレをおこした側(顎関節症側と反対側におこる)の片側半分は反対側よりも血行不良となり、歯周病を始め内臓の機能低下がおこり、水虫は感染症ですが、自覚症状が出やすいのはこの側です。

一般的な顎関節症は顎関節症側に前後に圧迫され、左右の側頭骨(耳のあたり)が逆方向にねじれ圧迫された同側に血行不良をおこします。

そして、うつ病・パニック症といった自律神経失調症の左右の歯の咬み合わせの高さはこの側が高くなるか又はこの側の糸切り歯(犬歯)から奥の歯すべてが咬み合わせてもあたらないか(原因は外的障害をうけたか又は常に一定方向に横向きで寝ていたか・・・)あたりが弱いか又はあたっているかどちらかです。頭蓋骨矯正した後でないと本当の噛み合せの高さが出てきません。
咬み合わせてもあたらないならば頭蓋骨の矯正してあてるようにしなければなりません。又上下の歯があたりすぎならば歯を少し削って調整しなければなりません。
これ以外に頭蓋骨のズレは、一番奥の歯の2歯しかあたらないでそれより前方の歯がすべてあたらない(オープンバイト)ということもありますし、歯の矯正治療で歯並びをよくする為に頭蓋骨がメチャクチャになった場合とか、オープンバイトとか、歯の矯正治療後の顎関節症の治療は、治療期間が非常に長くなります。

最後に上下の歯の咬み合せの高さは、高すぎても、低すぎても脳幹の機能低下がみられます。
マウスピース等により正常な上・下の歯の咬み合わせの高さにマウスピースを入れ、さらに上下の咬み合わせの高さをさらに高くしますと体の不調を引き起こします。マウスピースを入れる前に正常な首の骨は前方へ湾曲しています。
体に不調を訴える人とか顎関節症の人は首の骨は直か又は逆カーブをおこしています。

脳幹・・・呼吸する、体温の調節、生理的な作用を司るところです。少しのキズを受けるだけで即死となります。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

第18回 顎関節症と頭蓋骨

顎関節症側は本来きき手側であり、片方の目が疲れたり鼻詰りするのも顎関節症側です。
鼻詰りする側の腎臓も異常をおこしています。左右共に鼻詰りするのは左右の腎臓も異常をおこしています。(この場合、左右共奥歯の歯の咬み合せが低い場合が多い)

この様に顎関節症側の頭蓋骨片側半分は上下・前後の外側から圧迫され難聴もおこしやすい原因の1つです。又 顎関節症側は血液の流れが頭から足先迄、片側半分(内蔵も含む)は流れが悪く冷え症となりやすく、歯の歯周病・四十肩・五十肩も血行不全の原因の一つです。反対側の頭蓋骨は、圧迫とは全く逆で外側に飛び出した型となります。

又、顎の音が鳴る側であり、上下の歯を咬み合わせた時、歯の高さが反対側よりも高いということになります。つまり、「ふうせん玉」を指で圧迫しますと圧が他にかかるように上下の歯の咬み合わせは反対側よりも圧が高いと、片側半分の頭蓋骨が外へ飛び出した状態になります。反対側はその逆となります。
神経の90%が頭蓋骨に集まっています。頭蓋骨に異常をおこしますと原因不明の病気が発生しやすい事になります。
今申し上げたのはあくまで基本的なパターンです。
頭を強くぶつけたり、歯が抜けたまま、歯並みが悪い、歯の矯正治療したり、左右の足の長さが違った状態で歯に詰め物や冠をかぶせたりしますと頭蓋骨の圧迫される場所が必ず片側とは限りません。左右にちらばっています。

今までのレポート(バックナンバー)で申し上げましたように頭蓋骨とおしりの骨盤とがお互いに補正し合っています。
(片方の鼻詰りならばおしりの真中の骨である仙骨を逆方向に捻ってみると鼻詰まりが軽くなる。)

  • 頭蓋骨の左右別々の耳のあたりの側頭骨→おしりの左右別々の腸骨(足の付け根の骨)
  • 頭蓋骨の後側の後頭骨→おしりの真中の骨である仙骨
  • 頭蓋骨の中心にある左右一対の蝶形骨→おしりの真中の仙骨の下にある尾骨

このように頭蓋骨に捻れをおこしていますと必ず骨盤に自覚症状がなくても異常をおこしています。つまりギックリ腰になる可能性を持っています。
又 きき手側には顎関節症と申し上げましたが、きき手と反対側の顎が痛いとなりますと相当腰が悪いとなります。
本来、きき手側の足の長さが反対側よりも短足となり足のヒザに痛みが出やすいですが長時間経てその痛みをかばって、今度は反対側へ痛みが変わり骨盤が逆方向に捻れ、左右の足の長さが変わり首の骨、背中の骨が捻れ、色々な体の不調が出てくる事になり、座骨神経痛、腰痛ヘルニヤに進んでいきます。

<顎関節症と足との関係>
下顎を側方へイッパイ横へズラすと健康な人は左右共反対側の足が短くなります。ところが顎関節症の人は顎関節症側へ下顎をイッパイ横へズラしても左右の足の長さに変化がおきません。顎関節症の反対側へズラしますと反対側の足が短くなります。
又、下顎を左右共横へズラしても左右の足の長さが変わらない人は頭蓋硬膜の緊張しており、病気の中の病気とも言われています。

つまり医者に診てもらっても、わからないと、気の持ちようだとか、なまけ者とか…言われてしまうです。
でも本人は相当、体がつらいです。寝が浅く体がダルく、疲れやすい、集中力がなくと言う具合です。(ひどくなると足を引きずって歩くようになる)

誰にもわかってもらえない辛さがあるのです。

大きな病気をしている人も必ずこのタイプです。

このタイプは頭蓋硬膜の緊張をとって顎関節症の治療に移行します。

第17回 おしりの尾骨と歯の噛み合せとの関係

おしりの尾骨は船でいいますと進む方向を決める舵(カジ)に相当するところと言われています。このおしりの尾骨は上下の歯の咬み合せた時、歯の高さが高すぎますと、尾骨の先端は前方へ曲がります、そして背骨は生理的湾曲を直の状態(S→|)にし、(おおげさに言いますとお腹を出して胸を張った状態でさらにひどくなると腰椎のスベリ症に進んでいきます。)体の機能を効進させます。

効進することにより、安定剤が必要となります。逆に低くしすぎますと、機能の低下し尾骨の先端は後へ曲がります。
そして顔を前に出した様な、ねこ背の状態になります。

老人が背中が曲がったりするのも尾骨は後へ曲がった状態になっています。

老人は顔にシワが出来、年をとるに従って身長も低くなるのは背骨の骨と骨との間の椎間板軟骨が水分が少なくなり、厚みが少なくなり、厚みが少なくなってきます。パンで言いますと出来たてのパンはフワフワしていますが、数日経って水分の無くなったパンは固くなってしまうように、背中の曲がった老人の歯を無理をして上下の歯を高くしますと、背中が曲がった老人の場合の椎間板軟骨は前側は後側よりも厚みが少ないものを、歯の高さを上げて、背中を真スグにさせると、老人の骨はもろい上に後側の椎間板軟骨は圧迫されて、後側に背中から各内臓に通じている神経が異常をおこし、老人の場合は2年以内に死ぬと言うのはこのことです。

老人の場合はこの様にならない為に現状のままで、高さを維持させるのが普通です。そして、上下の歯の高さはそのままで、左右の顎のズレだけを治すことです。

上顎と下顎がズレていますので、上下の歯の噛み合せの高さを高くすればする程、不安定となり噛めなくなり、低くすればする程安定がよくなり顎がズレてもなんとか噛めるものです。そして、左右の尾骨の曲がりは噛み合せの低い側へ曲がります。
又、歯の噛み合せが自分でも、どこで咬んでいいのかわからない、つまり下顎が前へ出して噛んだり又後へいったり、下顎が片側へズラして噛んだりして噛むたびに位置が変わるのも尾骨が異常でおこしています。
尾骨を治すことにより、ウソのように噛む位置が定まります。このように、おしりの尾骨を左右のズレもなく前後のズレもなくした状態にしますと、頭が軽く、足腰も軽く、体の調子(内臓)の調子も良く、体も軽くということになります。
又、自然治癒力も増します。

歯の咬み合せは、ただ歯を上下にしっかりと咬ませばよいものでなく、頭蓋骨の左右の脳の辺りの異常反応(例として体の左側の水臓が悪いとしますと、背骨の上から6番目の骨の辺りから出ている神経が水臓を支配しています。脳は反対の右側の脳に異常反応を示します。そして歯は上下の歯を咬み合せた時に糸切歯(犬歯)1本奥の歯が低いです。背骨の上から6番目の骨が右回転変位をおこしているならば反対側の左の糸切歯(犬歯)の1本奥の歯の咬み合わせが低くなっています。そこを少し高くしっかり咬ませますと脳及び水臓の異常反応が消えます。)顎関節症は頭蓋骨の左右の側頭骨がお互いに逆方向に捻れ、左右の側頭骨が顎関節症側へ傾いています。これを治し左右の顔面骨の上下のズレ、前後のズレを治し、内臓が右か左かどちらが悪いのか調べ、左右の骨盤の高さ、左右の肢関節、左右の脚のヒザ等を見て、そしておしりの尾骨との関係を見て歯の咬み合わせを決定するものです。


顎関節症の専門医 歯科併設の顎関節回復センター

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療

▲ ページの先頭に戻る