第108回 目まい、足のふくらはぎがつる、リウマチ、耳の異常、大汗、体のだるさが普通でなく異常

目まい、足のふくらはぎがつる、リウマチ、耳の異常、大汗、
体のだるさが普通でなく異常

脾臓が悪いといってこれらの症状すべてが出るとは限りません。

脾臓は背骨の上から7番目の骨で、そこから神経が脾臓へ走っているものです。
脾臓が機能低下をおこしますと左右共に7番目の骨が前方にズレます。片側の脾臓のみが機能低下しますと、その片側が前方にズレ、反対側は後方にズレ、つまり捻れをおこします。

逆に機能亢進だと、背骨の骨が後方にズレ、あまり自覚症状は感じないものですが、大汗をかく人は脾臓の機能亢進です。自覚症状がなくても脾臓(体の胴体の左右の中頃に位置します)と関係する部位、例えば大脳の左右の端の前でもなし後でもなしの位置に、磁石ではマイナス・プラスの反応がします。また顔のまつげの内側の上(3cm上)のおでこにも磁石では反応します。歯も前歯でもなし、奥歯でもなし、真中辺りの位置の歯と反応します。足では足のふくらはぎにも反応します。足の裏の土踏まずかまたはその上の甲にも反応します。足の指だと中指に反応しますが、リウマチ関節症になりますと親指と小指との間の3指の関節に異常反応をおこすものです。


重症な脾臓の機能低下になりますと、
脇の下の腋窩部、おしりの前の鼠径部にはリンパ結節が大きいために少し押すだけで痛みを感じるものです。

脾臓は、
脾臓、及び他の組織の感染、または他の組織の衰弱により生命機能の喪失に起因する時もあるものです。
その他血液の血小板、白血球には数値にも変化をおこし、血液病との関係が深いものです。



脾臓の機能低下、機能亢進は前回のコラムで申し上げました、顎関節のメス側の骨である左右の側頭骨が、左右同時に時計の針方向に回転しているかまたは、逆回転しているかにより、機能亢進、機能低下と深い関係をもっているものです。

歯の咬み合せで申しますと、
前歯でもなし、奥歯でもなし、真中辺りの歯の咬み合せが低いと機能低下、逆に高いと機能亢進となります。ただし、顎関節症が正常になった上での話です。歯の咬み合せのバランスを正しくしますと、一瞬に脇の下の腋窩部また、鼠径部を押しても痛みは感じないものです。


<顎関節症とは>
医療のグレーゾーン地帯とも言われ、または医科と歯科との谷間とも言われるものです。このように世界的に顎関節症を治せる人は少ないものです。体全体のゆがみと上下全体の歯との咬み合せの高さ及びバランス不良です。そのために歯科大学病院に行っても治せるものではないです。

第107回 原因不明の高血圧、低血圧

病院に行っても治らない
薬を飲んでも治らない
原因不明の高血圧、低血圧について


年配の高血圧の人は鼻詰まり、または人によっては匂いがあまり感じなかったり、耳鳴または聞こえが悪いとか、眼及びその周囲の痛み、または視力の低下、そして内臓を始め、体全体の血流が悪く、常に体のダルさを訴えるものです。

若い人は血圧を訴えはしないが、鼻詰まり、視力が悪い、体がだるいと訴えるものです。そして人によっては体が水膨れのように太っていることもあるものです。
ただしこの太っているタイプの人は上下の歯を咬むと、歯が小さいか、前歯または糸切り歯(犬歯)が小さい歯か、または糸切り歯の形態が悪いかまたは咬んだ時の奥歯の歯が低いが故に、下顎が前方にズレこみやすいものです。今このような人をわざと下顎を後へずれるようにします。つまり下顎の左の糸切り歯から右の糸切り歯の間の前歯の唇側(前側)のみにガーゼをあてた状態でこの時上下の奥歯もあたるように咬みますと、鼻詰まり等の違和感が消え、体全体の血流もよくなり足踏みしますと、足が軽く上に上がるものです。

逆に下顎が後ろへ行きすぎますと鼻水がでやすく血圧が低くなるものです。

ここで問題となるのは顎関節のメス側の骨である側頭骨が右側から見た場合、右の側頭骨が時計の針と逆方向に回転している場合、そして左側の側頭骨も同じ方向に回転している場合は高血圧、その逆方向に左右共に回転している場合は低血圧です。
そして左右の側頭骨が互いに逆方向に回転していますと極端な言い方をしますと、口がゆがむものです。
つまり体の片側半分は血流が悪く、その為に左右の視力差、片側の鼻づまり、反対側は鼻水、また片側の首、肩が凝り、体の片側は血流が正常でも反対側は血流の流れが悪いためにその側のみ体が冷たく、またその側の内臓も悪影響をおこし、また左右の足の長さも違うものです。このように顎関節のメス側の骨の側頭骨と下顎骨の顎関節のオス側の骨である下顎頭との間の骨のズレとその間の隙間の位置関係で頭蓋骨はじめ首の骨、背骨、骨盤、手足及びその指の関節及び血流が筋肉、内臓にまで大きな影響を及ぼしているものです。ただしここに述べてあるのは骨盤の真中の仙骨を正常な状態にした上での話です。

第106回 特に上下の奥歯の歯の咬み合せの高さが低くなると

奥歯の歯の噛み合わせの異常
高さが低くなることによる身体の不調とは?


家の柱、特に家の角の柱を取り除くと、家が傾く様に、
とり除いた柱を短くしないと再度元の位置に戻らないものです。

どの歯も同じですが特に一番奥の歯を削ったり、抜いたりしますと頭蓋骨及び体全体のズレが特に大きいものです。今
仮に左右の奥歯を低く作ったとしますと、必ず背骨の下部の骨は前方にズレをおこし、それに関係する内臓(例えば前立腺、子宮、大腸、人によっては腎臓)の機能低下をおこすものです。
それだけではありません。奥歯が低くなりすぎたり、奥歯が低いだけでなく、奥歯が咬みにくいと下顎が前方に咬みよいところへズレをおこすものです。それがいつまでも続きますと顎関節のメス側の骨である側頭骨が例えば、右の側頭骨を見ますと時計の針と逆方向に回転のズレをおこすものです。反対側の左の側頭骨も同じ方向に回転のズレをおこすものです。つまり下顎を前方に押しやる格好になるだけでなく、顎関節のメス側の骨の側頭骨が左右共に上方にズレをおこし、さらにその上の骨である頭のテッペンの左右の頭頂骨も上に押しやり、頭の外側には薄い筋肉でかぶさっているために中央の左右の頭頂骨の交わった境目(矢状縫合)は、ノコギリの歯のようにギザギザが前から後へ10cm前後の長さの矢状縫合を左右からギューと圧迫し動けなくなるものです。

また、頭蓋骨全部が左右から圧迫されるために頭痛、鼻が詰まり、耳鳴、聞こえにくくなったり、眼の周囲または奥が痛くなったり、視力の低下をおこしたり、首の骨、背骨、骨盤、手足の関節または内臓まで異常をおこし、多臓器機能障害に似た症状を引きおこすものです。そして血圧は高血圧となるものです(水道のホースの先を指でつまむと遠くまで飛ぶように…)、血流も悪く体はだるく、健康な人は何ともなくても、電磁波で簡単にやられてしまうものです。
ただし程度の差はあります。
歯のインプラントを埋めたり、歯の矯正治療をしたり、自分の体に合わない薬、漢方薬、健康食品等もいつまでも服用していますと、顎関節のメス側の骨である側頭骨は上方にズレるものです。上方にズレるが故に頭のテッペンの真中のノコギリ状の骨の矢状縫合が左右から圧迫され、頭蓋骨全体が動けなくなり、それがために全身の血流が悪くなり、すべての首の骨、背骨が前方にズレ、それに関係する筋肉及び内臓が機能低下をおこし、年齢が増せば増すほど、体が悪くなり、どんどん弱っていくものです。

脊椎管狭窄症も同じように関節部分が圧迫されその上血流が悪いものです。

このタイプは磁石では体中のすべての関節部分にマイナスの反応をするものです。
今まで述べたのは顎関節のメス側の側頭骨が右側から見た場合、時計の針と逆方向に捻れた場合です。
今度は右側の側頭骨が右側から見た場合、この右側の側頭骨が時計の針方向に捻れますと頭蓋骨始めすべての骨が外側にズレ、隙間が大きくなるものです。それなりに眼、耳、鼻に違和感がありますが体にとって先程述べたタイプよりもそれほど病気は重くないものです。鼻は鼻水、血圧は低血圧となります。このタイプは磁石では体中すべての関節部分にプラスの反応をするものです。
一般的な顎関節症は左右の側頭骨は左右共、同方向に捻れてはいないものです。
ほとんどは左右の側頭骨は互いに逆方向に捻れているものです。この重症のタイプは口がゆがむ事です。そして体の片側は血流が悪く、反対側は血流がよく流れるという事です。そしてこの左右の捻れを取り除き、それを一旦同方向に持ってくるものです。それから全体の歯の咬み合せの調整をするものです。そうする事によってすべてではありませんがほとんどの症状が軽くか、消失するものです。最後の歯の咬み合せが非常に大切な事です。これをしなければまた元の状態に戻るものです。


病人は必ず顎関節症をおこしているものです。

また血流の悪いところに病気が発生するものです。言い忘れましたがこれらの述べた事はすべて骨盤の真中の骨である仙骨が、ズレをおこしていないという条件で述べてあります。
仙骨がズレをおこしていますと、すべてが逆となります。
この文章で述べた骨と骨との関節部分が圧迫される、また逆に隙間が大きくなったり、左右の乳様突起の高さ、左右の足の長さ、左右の顎関節症も、血流も左右の流れもすべて仙骨のズレを治すとすべてが左右逆となります。
仙骨がズレているために歯の咬み合せが狂っているのか、全体の歯の咬み合せのバランスが狂っている為に仙骨がズレているのかどちらかですが、とにかく骨盤を治し、背骨、首の骨、頭蓋骨のズレを治し、すぐに歯の咬み合せのバランスをとらねばなりません。ただし歯のインプラントを埋めこんでいる人はどうする事も出来ないものです。顎関節のメス側の側頭骨の乳様突起が左右共に上にあがり、特に右側の方がさらに上に上がっているものです。そして首の骨、背骨が前方にズレ、頭蓋骨もギューと圧迫されるために、下顎を右いっぱいに大きく動かしても左いっぱいに大きく動かしても、動かした側の乳様突起は全然動かなく、また下顎を横いっぱいに動かすと、健康な人は反対側の足は短くなるものです。神経伝達系統の不良だけでなく、歯のインプラントを埋め込んだ人の1.5m以内にいる、または触れると、自分も同じように病的な状態となるものです。

自分の体のためには歯のインプラントを埋めこんだ人の近くに近づかない事です。

歯のインプラントを埋めこんだ人だけではありません。歯の矯正治療をした人も、病人の人も同じです。1.5m以内に近づくと健康だった人も、すべての人が同じ反応が出るものです。病人が胃が悪ければ、自分も同じ様に胃の異常反応、病人が肝臓が悪ければ自分も肝臓というように異常反応が出るものです。
1.5m以上離れれば反応が消える人もいれば、長時間が過ぎてやっと反応が消える人もいれば、それがきっかでずっと体の不調を訴える人もいるものです。
一旦体に外的障害を受けて体に異常反応が消えない場合、その時の体の左右の乳様突起(左右の耳穴から下後2〜3cmの位置で下に向かって小豆の突起)が下顎をゆっくり左右にイッパイ大きく動かしてもこの左右の突起は全く動かないだけでなく、左右の足の長さも変化しないものです。つまりこのような状態になっていますと、すべての背骨の骨、首の骨すべてが前方にズレ、頭のてっぺんの真中の矢状縫合及びすべての頭蓋骨の骨と骨との隙間がぎゅっと締めつけられて全身の血流が悪くなり、体が弱っていくものです。こうなりますと薬を服用しても体が健康な状態に回復するという事はないものです。

いつまでも症状をとるために薬を服用せねばなりません。

そして薬の副作用により次の新病気をつくるものです。それではどうするのかといいますと、頭蓋硬膜の緊張をとる事により、骨と骨がぎゅっと締め付けられた隙間を取り除き、左右の乳様突起を同じ高さにもっていき、さらに口の中の上顎の左右の歯のドテの奥の奥のドテまたはさらにドテのさらに奥に左右の米粒の突起を上下、前後を均等な位置にもってくる事です。こうする事により全身に血流が流れて、一時的に小さな病気になっても、大きな病気にはまずなる事がないものです。

つまり顎関節症を治して、全体の歯の咬み合せのバランスをとればすべてとは言いませんが、ほとんどの病気は良くなるものです。

第105回 乳様突起のズレ(その3)

顎関節のメス側の骨である側頭骨の片側の乳様突起(耳穴から3cm位下やや後の位置)が正常な状態で反対側の乳様突起が上方にズレをおこしていますと、上方にあがった乳様突起側の下顎は後方にズレ、肩の関節も肢関節も骨盤のソケイ部(おしりのまたと足のつけ根)の隙間もこれらは反対側よりも狭くなり、足のヒザ(内側の脛骨、外側の腓骨)も乳様突起が上にあがった側が内側にズレをおこすものです。これらのすべての部位ではないが痛みとして出る場合がある、そしてこれらの反対側の肩関節、肢関節の隙間が広くなりその側のヒザの関節の骨は外側にズレるものです。

また左右の乳様突起が左右共に後方の回転のズレをおこしますと顔の頬骨は前方へ膨らみ、背骨の下半分は前方にズレ、上半分は後方へ足のヒザはО脚となりやすいものです。また左右の乳様突起が左右共に前方の回転ズレますと下顎が前方にズレ、背骨の上半分は前方にズレ、下半分は後方にズレ、そして足はX脚になりやすいものです。この場合は左右の奥歯が低い事が多いものです。これらは頭蓋骨は左右から圧迫されて眼・耳に異常反応がおこしやすいものです。

一般的な顎関節症は片側の乳様突起は前方の回転のズレ、反対側は後方の回転のズレるタイプが多いものです。そのために首の骨の上下、背骨の上下が捻れをおこすものです。


健康な人の首の骨は生理的湾曲(前湾曲)しているものです。この様な人は片足を90度迄上げますとその側の乳様突起はグーと上にあがり、反対側の乳様突起よりも2cm以上の差がでるものです(足の上げが少ないと反対側との差は少ない)足踏みをする事により、顎関節のメス側の骨だけが上下に動くだけでなく、その周囲の骨つまり頭蓋骨全体及び首の骨、背骨、手足の骨、足の裏、甲迄すべてが動き、全身の血液の流れがよくなるものです。
首の骨が直の人は体の片側だけが血流の流れが悪いものです。
首の骨が後方湾曲(逆カーブ)の人は片足を90度曲げても乳様突起が動かないか、動きが悪く、体全体がかたく神経伝達系統の不良をおこし、体全体の血液の流れが悪いものです。つまり病的な状態となっているものです。歯のインプラントを入れている人、歯の矯正治療した人、重い病気にかかっている人、または自分の体が拒否反応する薬、健康食、金属を身に付けているとか、人間も同じですが犬、猫が癌等にかかっていますと1.5m以内に近づくと神経系統の不良をおこし、右の乳様突起が上にあがるものです。効き過ぎる薬を服用していますと左の乳様突起も上にあがります。健康な人は1.5m以上離れれば元に戻るものですが、血液の流れが悪い人は元の状態に戻らないか、または戻るのに時間がかかるかどちらかです。

慢性の病気でかかっている人で今服用している薬がその人に合っているならば、血液の流れをよくするとその薬が効きすぎる(左の乳様突起が上にあがる)か逆に毒の反応(右の乳様突起が上にあがる)をおこすものです。一時的に血液の流れが正常になってもその薬を服用しますと、再び血液の流れが悪くなり、再び症状が出てその薬で症状を抑えなければならない結果になり、ずっと薬を服用しさらに薬の副作用により次の新しい病気が生じてくるものです。

えばうつ病、癌にかかっている人は病気の重大に気付いているので(気付いていなければこちらも知って知らないふり)通常通り、二日に1回来てもらい血液の流れをよくするために、顎関節と全体の歯の咬み合せのチェックをやり、血液の流れもよくなれば、以前体に合っていた薬も体が拒否反応した薬を削っていき、どんどん薬の種類も少なくし、血液の流れを良くし、最後に自然治癒力を発揮させるものです。薬を飲まなかったり、健康食品を飲まないと体の調子が悪いという事は、自然治癒力が発揮していないということです。人間にはすばらしい自然治癒力をもっているものです。

体のバランスがとれている人で、片側だけ入れ歯が入っているならばその入れ歯を外してみれば一瞬に頭蓋骨、首の骨、背骨、骨盤、左右の足の長さ、血液の流れも皆狂ってくるものです。ただし以前から狂っている人ならばこうはならず、さらに複雑な狂いをするものです。カイロプラクティック、整体、マッサージ、医者に通っても慢性の病気等は治る事はないものです。医者に通っても薬漬けとなるものです。

第104回 歯のインプラントと入れ歯・冠の違い

歯の「根っこ」と歯の周りの骨との間(歯根膜)に無数のシャピー線維で「手綱」のように外部からの力の衝撃を緩衝するようになっているものです。シャピー線維が少なくなればなるほど、歯がグラグラ動くものです。またシャピー線維はその他に骨側から歯に栄養を送る栄養管の役目もするものです。
歯を抜く時も補助的にこのシャピー線維を切断するために歯を捻じったり、上から「根っこ」に押したりしてシャピー線維を切断するものです。
ところが歯のインプラントには、骨とインプラントがくっついているために緩衝作用がないものです。そのために歯のインプラントの「根っこ」の先には咬むことにより衝撃に耐えられなくなり「根っこ」の先には骨が吸収されやすくなり、また衝撃により外的障害となり、全身の血流が悪くなり首の骨は後方湾曲となり病的な状態となり神経伝達不良となり徐々に体が弱り、若ければそれほど感じないが、年齢が増せば増す程体の調子が悪くなり、必ず医者通いしているものです。インプラントが入っている限り、病気が治るという事はないものです。当然歯肉の状態も悪くなりやすいものです。

そのために体全体の血液の流れが悪い上にその歯のインプラントを入れた部位と関係する部位にさらに異常をおこすし、例えば大脳の関係する一部の部位、顔の一部の部位、首の骨の一部の部位、肩といっても首寄りの肩ならば前寄りの歯、腕側の部位ならば奥歯の部位、さらにその部位と関係する内臓つまり大脳と同じ位置に異常反応、例えば右寄りの真中辺りだとすると体の内臓の部位も、右寄りの真ん中辺りに異常、それに関係する足及び腕の筋肉または関節にも自覚症状がなくても異常反応が出るものです。そしてその部位と関係する足の甲、裏また足の指、手の指にも自覚症状がなくても異常反応が出るものです。この様に医者に通っても病気は治ることはないものです。対称療法のため、原因除去ではないものです。

それではインプラントがダメならば入れ歯しかないものです。インプラントや歯の上に冠で修復すると体が捻れていてもなんとか咬めるものですが、頭蓋骨を始め体全体が捻れて内臓に異常だけでなく年齢が増してくると骨を支える筋肉が衰え、その内臓と関係する手・足の部位に異常が出て、歩けなくなったり、腕に異常がくるものです。
入れ歯だと体が捻れていると必ず上顎の歯のドテも背骨の捻れと同じ様に上顎の歯のドテ及び上顎の骨全体も同じように捻れているために、入れ歯の咬むバランスが崩れとても咬めません。咬むのは体全体のバランスで咬むものです。
咬めるようにするには、口の中の上顎の左右の歯のドテ、または左右の歯のドテとドテとの間の骨を左右の親指で同時に前方から後方へそっと奥へ左右の親指をすべらせていくと前寄りのドテが、前後か上下にズレているか確認し、さらに真中辺り、さらに奥へ、そしてさらに左右にドテが切れた位置からさらに奥へ指をすべらせますと小さな米粒の突起、これが左右に比較して上下・前後にズレをおこしているか、これらのズレを解消すれば入れ歯が咬めるものです。なにも入れ歯でなく、虫歯もない、きれいな歯並びで抜けた歯もない人で(親知らず関係なし)、米粒の左右の突起が前後、上下を揃えますと患者曰くしっかり咬めるというものです。また体全体のバランスがとれて血液の流れもバランスよく流れ、病気知らずの体となるものです。

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療

▲ ページの先頭に戻る