第98回 足のヒザの痛み・全身の症状

足のひざが痛むときの全身に表れる症状について

足のヒザは腕のヒジと同じです。
ヒザは体重がかかるために自覚症状が出やすいものです。
そして足のヒザと足首の間には2つの骨があります。
内側の太い骨は脛骨、外側の細い骨が腓骨です。
この脛骨が前方にズレますと奥歯が低く、逆に後方にズレますと奥歯が高すぎる事を意味します。
例をあげますと下顎が片側にズレますと下顎の前歯が正中よりも右側にズレますと下顎の左奥の部位は左外側にズレながら前にもズレをおこしてくるものです。

下顎の左奥が外側にズレを起こすだけでなく、左肩と左腕との間の隙間も広くなり人によっては腕が上がらないという人もいるものです。
またそのとき左足の肢関節の隙間も広く、逆に右肩と右腕との隙間が狭くなり、右肢関節も狭くなるものです。
人によってはその側に腕が手先まで、または足にシビレが出たりするものです。
話はズレましたが、足の左のヒザの外側の腓骨も外側にズレを起こすだけでなくひどくなりますと、左のヒザの内側の脛骨も外側にズレ、右ヒザの脛骨、腓骨も左側にズレを起こし、こうなりますと左右のヒザが共に痛くなるものです。

また、このとき口の中の上顎の奥歯側の歯のドテの骨の高さも左右が上下の高さのズレを起こしているものです。
また、上顎の奥の歯のドテが途切れたところからさらに奥には左右の突起の骨があります。
この突起の左右が前後ズレを起こしていますと、上顎の骨の左右が前後のズレを起こしていることだけでなく、上下にズレを起こしていたりするものです。
これが足のヒザ骨、ヒジの骨と関係しているものです。
これらのものを正常にした上で体全体の骨格を見ながら歯の咬み合せの調整をするものです。

言い忘れましたが、顔の左右のほほ骨が正常よりも前に飛び出していますと、下顎の骨及び人によってはおでこの前頭骨までもが奥へ引込み、足のヒザの外側の骨である腓骨が外へ飛び出す格好になるものです。
逆に下顎が前に飛び出しますとほほ骨が奥へ引込み、肩と腕との隙間及び肢関節、足のヒザの外側の骨である腓骨は内側へと入るものです。
また人によって片側のほほ骨だけが前に出て反対側の下顎が前に出る、つまり下顎が回転の捻れを起こしている場合があり、人によって色々あるものです。

おでこの前頭骨が奥に入りますと精神障害、感情問題、言語障害、歩行困難、思考力減退、アレルギーが起こりやすいと言われています。
逆に、前に飛び出しますと洞問題、舌苔、咽頭咳が出やすいと言われているものです。
右足のヒザ及びヒジに異常を起こせば肝臓。左足のヒザ及び左ヒジに異常を起こせば膵臓が機能低下をあらわしているものです。

第97回 あお向けで寝られない人

仰向けで寝られない人の体の状態


内臓・筋肉とかで体の異常をおこしていますと頭蓋骨から足先までの各骨にも
自覚症状が出なくても異常をおこしているものです。

例えば、携帯電話またはその他電子機器による電磁波により体の血流が悪くなり体の一番弱い部位に異常反応が出てくるものです。
また、歯の咬み合せの高低のバランスが崩れていると


ところでグッと強く咬み合せをしますと頭蓋骨だけでなく、頭蓋骨から足先までの骨がズレ、捻れをおこすものです。
そのズレ、捻れて、関係する筋肉、内臓に異常反応が出てくるものです。
この様なタイプの人は常に体が捻れてをおこして硬い布団ではあお向けに寝れらないものです。(フワフワとした体が沈むような布団は除く)
この様なタイプの人は顎関節症を治した上で上下の歯の咬み合せのバランスを取れば首の一番上の骨である頸椎一番をアジャストしたのと全く同じです。
頭蓋骨から足先まですべての骨が足先まで各骨がドミノ倒しの様にダラダラと動くものです。
但しここで述べている事は90%位本当です。
あと残りは自信はないです。慢性の病人は必ず歯も悪ければ体も捻れているものです。
慢性の病人の人は顎関節症を治した上で歯の咬み合せのバランスをとった状態であお向けの状態で時間を長く咬んでおれば頭蓋骨をはじめ、足先までの骨が正常に近くなり、全身も血流が流れ咬んでいますといつまでもあお向けで寝られるものです。
内臓の弱い部位までもが血流が流れ自然治癒力を発揮するものです。
このときには上下の歯を咬んでいますと左右の足のかかとの長さが揃っているということです。
また、顎関節のメス側の骨である側頭骨の乳様突起(耳から下やや後ろに足先に向かった小豆の突起)も左右が上下、前後に揃っているということです。
そしてまた、口を開けた状態で下顎の右イッパイに動かしますと右の乳様突起が上に上がり、左の足のかかと部分が4〜5cm短くなるものです。
これで体が正常になっているものです。
下顎を左いっぱいに動かしますとすべて逆の動きとなります。
但し、歯を咬んだ状態で左右の足の長さが違っていたり、左右の乳様突起が違っていたりしていますと、やっても無駄です。

これ以外に毎日、自分の体の状態はどうなのか?確認する必要があります。
あお向けの状態で左右の手の平で自分の手が届く範囲内で左右の骨盤の左右のズレ、また左右のおなかの膨らみ、あばら骨(肋骨)、胸とか左右の顔の前面、側面、後面、頭のテッペンの骨の左右差のズレを確認すべきです。
また、数秒触れていますと心臓の拍動と同じ様にパク・パク・パク…と左右均等に動くかどうかわかるものです。

第96回 電磁波による全身への影響・正しい噛み合わせでその影響をキャンセルする方法とは

電磁波による全身への影響とは?
正しい噛み合わせでその影響を軽減できるのか?


横向きで寝転んで、そして次にあお向けになります。
そのときに絶対に上下の歯を咬み合せない、あお向けになった状態で左右の足の長さが違うのがわかるでしょう。
そして次にあお向けの状態で、上下の歯を咬むと左右の足の長さがさらに変わっているでしょう。
そして今度同じ事を反対向きの横向きになって、同じ事をやってみれば…。
また左右の足の長さが変わっているでしょう。
頭蓋骨・首の骨・背骨の捻れが変わる事により、足の長さが変わるものです。
顎関節病を治して、さらに歯の咬み合せを調節してあるならば、横向きで寝転んでさらに、次にあお向けになったときに上下の歯を咬み合せないならば、左右の足の長さが違う(横向きになると頭蓋骨から足まですべてズレを起こす)ものですが、上下の歯を咬むと一瞬にして左右の足の長さが揃うものです。
病的な頭蓋硬膜の緊張等はこの様に咬むことにより骨格のズレが取り除かれ血流が良くなり健康な体に戻るものです。(強い外的障害を受ければ戻るとは限らない。)
つまりこれは、顎関節症を治してさらに、頭蓋骨の各骨を正常に戻した状態で歯の咬み合せの調節(上下の前後左右のバランス調整)してあるという事は、頭蓋骨及び首の骨、背骨、骨盤、足迄も正常な状態でバランスをとってあるという事です。
この様な状態で一時的に体がズレをおこしてしまった場合でも、上下の歯で2〜3秒、カチっと咬み合せる事により頭蓋骨を始め、首の骨の一番上の骨(頸椎1番)も正常になり、カイロプラクチックのアトラスオルソゴナールと同じ様に頸椎1番をアジャストする事により、身体全体の骨がドミノ倒しの様にダラダラと頭から足先まで動いて、各骨が正常に戻るということです。

携帯電話、またはリモコンを持ったり体の近くに置きますと、必ず右の乳様突起が左と比較して上にあがっているものです。
ここで話はズレますが、薬の効用がその人の体に対して強過ぎたり、又は左の歯の咬み合せが低いと、左の乳様突起が上にあがるものです。
体に毒の薬とか右の歯の咬み合せが低いとか、電磁波を受けるとか歯のインプラントが入っているとかは、右の乳様突起が右に上がるものです。
乳様突起が片側だけが上にあがりますと首の骨はストレートネック(直)に、乳様突起が左右共に上に上がりますと首の骨は逆カーブ(後方湾曲)となり、全身の血流が悪くなりますが、健康な人は生理的湾曲(前方湾曲)です。
昔の古い携帯電話は外側のケースから四方八方に電磁波が出てくるものです。
今の携帯電話は、電磁波の出る面が限られているので、その側面を自分の体に向けますと、全身の血流が悪くなるものですが左側よりも右側の方が血流が悪くなるものです。
そのとき、右の乳様突起は上に上がっているものです。
眼の視力でいえば乳様突起が上がっている側である右の視力は左よりも悪いです。
電磁波の出ている側面を自分の体からそらしますと自分の体には影響がないものです。
但し携帯電話・スマホ等が電源を切ってあって長時間身に付けていますと、右の乳様突起、腰骨も皆骨は右上がりとなり、右足短くなっているものです。
そして右側の内臓、筋肉が左側よりもさらに弱っているものです。

電源を切ってあっても電磁波の出てくる側面を3m以内に近づけますと、右の乳様突起が上に上がり、また自分の体の血流が悪くなるものです。
電源を入れてあると7m以上離さなければなりません。
顎関節症を治しても歯が1本でも抜けたままとか歯の咬み合せが高低とかがありますと上下の歯を咬んでも左右の足の長さが揃わないものです。
体の弱い人、または病人は必ずこの様になっているものです。

病人はいつまで経っても治らないものです。
治ったと思っても電磁波の出ている場所に近づきますと、誰もが全身の血流が悪くなるものですが、体の1番弱い部位、例えば過去に手術したとか内臓の弱いところが必ず先に機能低下の異常反応が出るものです。

一度手術をするともう2度と健康な体には戻れないものです。

但し仕方がない場合もあります。疲れますと血流が悪くなり、電磁波により影響を受けやすいものです。
顎関節症を治して歯の咬み合せの調整をしてあるならば、上下の歯を2〜3秒咬めば首の骨の頸椎1番をアジャストしたのと同じ様に元の健康体に戻るものです。
骨盤が狂っていなければ左右の足の長さが揃っているものですが、骨盤から上の背骨、首の骨、頭蓋骨が狂っているかどうか確認するには上下の歯をグッと咬めば左右の足の長さが揃わないというならば背骨、首の骨、頭蓋骨がズレ、捻れを起こしているものです。
そのズレ、捻れを取るには歯の咬み合せのバランスが重要となります。

ストレートネック(直)になりますと片側の乳様突起が上にあがった側の首・肩の片側のみが堅く首・肩が凝るものです。
首の骨が逆カーブは左右共に首・肩が堅くなって凝るものです。
歯の矯正治療したとか、歯のインプラントをしたとか病人は必ず首の骨は生理的湾曲ではなく、直か逆カーブになっているものです。
首の骨だけが逆カーブ(後方カーブ)になっているものではありません。
背骨も逆カーブを起こしているものです。
逆カーブの部位は主としては背骨の上から6番、7番、8番です。(多少上下にズレることがあります。)
6番から膵臓へ神経が走っています。
7番から脾臓へ神経が走っています。(主として感染血液の問題)
8番から肝臓へ神経が走っています。
この3つが異常を起こしやすく、老人になると左右の足のヒザが痛いというのもこのことです。左のヒザは膵臓、右のヒザは肝臓の反応です。

木と竹との違いです。
木を90度に曲げてみれば、ボキっと折れてしまいますが、竹は元に戻ります。
全身の血流が悪いが故に電磁波の影響を受けやすいものです。
交通事故により首のムチウチ症は、首の骨の直か逆カーブの人に起こりやすいものです。
脳脊髄液減少症も同じです。

第95回 なぜ顎関節症は治せないのか?治せる人は少ないのか?

なぜ顎関節症を治せない歯科医が多いのか?
治せる医者が少ないのか? 顎関節症の根本的な治療方法をみつけるのはノーベル賞並みに難しい理由とは


現代の顎関節症の治療といえば対症療法(たいしょうりょうほう)です。薬物療法またはスプリント療法(マウスピースを使用した顎関節症治療法)または外科手術療法または関節洗浄療法です。
どれもこれも原因除去療法(根本的な原因を取り除く治療)ではなく、一時的に治まるか、または変化なしか、またはスプリント療法により逆に悪化する事もあるものです。
対症療法で顎関節症が治るということはありません。

骨、関節のズレというものは、
頭の先から足先までのズレであり、必ず頭蓋骨の各骨全部がズレをおこしているものです。一部の骨だけがズレをおこしているのではなく、全ての骨はつながっているものです。その一部分だけ症状が強く出ているものです。そして顎だけが悪いのではなく、自覚症状が出ていなくても、脳、眼、耳、鼻から内臓及び手足のしびれ等、すべてが異常反応しているものです。

例をあげます。
今、仮に右側の奥歯を一度、削ったり抜いたりしたとします。その時、必ず口を一回でも開け閉めしますと瞬時に下顎の右側が奥へ押し込められ、反対側の左側は逆に前方にズレ、つまり下顎が右回転をするものです。
その時に頭の後ろの右寄りの後頭骨が膨らんでいるものです。
また、右奥の上下の歯の咬み合せの高さを低くすればする程、下顎がますます右回転を大きくするものです。そのために首の骨7つのうち上部の1番、2番、3番の骨、特に一番上の骨である頸椎1番が必ず同方向に捻れたり、または前方、または後方にズレたりするものです。そして人間だけでなく下等動物も皆、脳の中で一番大切な脳幹があるものです。
脳幹は生きていくために一番大切な呼吸する、体温調節生理作用を司るものです。この脳幹は針で少しの傷をつけるだけで即死となるものです。プロの殺し屋はここを狙ってくるものです。この脳幹は頭蓋骨の中におさまっているだけでなく、頸椎(首の方)の1番、2番、3番の骨の真中の穴(神経が通っている穴)の辺りまで、垂れ下がっているものです。死にますと垂れ下がっていた脳幹は頭蓋骨内におさまるものです。
このように歯の咬み合せのバランス崩れ、また自分の体に合わない薬を服用したり、または歯の矯正をした人、歯のインプラントを埋めこんだ人、病人の1.5m以内の近くにいるだけで、自分の体のバランスが崩れて大なり小なりの体の異常がおこるものです。
話はズレましたが、頭の後ろの後頭骨も右側がますます後ろにズレ膨らみ、右の頬骨は後方にズレ、反対側の左寄りの後頭骨及び左側の頬骨が前方にズレをおこすものです。また顎関節のメス側の側頭骨の乳様突起は右側が上方にズレるだけでなく、首の骨、背骨も腰骨も足の長さも右側が皆上に上がるものです。下顎の骨は右回転するものですから、右の顎関節のメス側の骨(関節窩)とオス側の骨(下顎頭)は右奥へ押し込められるだけでなく、頭蓋骨の中心にも押し込められるものです。反対側の左側は逆で前方及び外側にズレる為に隙間が大きくなるものです。
こうなりますと肩の関節、肢関節、足のひざ、手のひじの関節も同じです。これらの右側の関節の隙間は狭く、左側の関節の隙間が広くなるものです。

人によってはこれらの部位に自覚症状の痛み等の症状が出る場合もあるものです。

下顎が右回転により右側奥に入りますと、右の顎関節のメス側の骨である側頭骨(耳穴の骨および乳様突起等)を右側から見ますと、この側頭骨は時計の針が動く方向(右回り)と同じ捻れの回転をするものです。
そして左側の側頭骨は逆方向の回転の捻れをするものです。
(左右共に一番奥の奥歯が低いまたは歯が抜けたままですと左右の側頭骨は右側から見た側頭骨は時計の針の方向であり、左側も同じ時計の針方向に捻れ回転をするものです)

この側頭骨が時計の針と同じ方向に回転をしますと、骨盤(真中の骨は仙骨で背骨の下の骨で尾骨の上の骨、その両外側は腸骨から成り立っています)この右側の腸骨は顎関節症のメス側の側頭骨とお互いに補正しているものですから、右側の腸骨も側頭骨と同じ(右側から見た場合)、時計の針と同じ方向に捻れているものです。話は元に戻りますが左右の側頭骨の右側が時計の針方向左側がその逆ですと、腰骨もこの場合左に比べて右側の腰骨も上にあがり、左右差があるために女性ではスカートが回転する事になるものです。また仰向けで寝た場合、骨盤の左右前上寄りに両手で手をあててみますと膨らんでいる側が奥歯が低いものです。(左右の奥歯が低ければ同じ)

また右肩が前にも出ているならば右の前寄りの歯が低い、右の肩が後ろにいっているならば右の前の歯が高い反応を示すものです。
また仙骨の下部(尾骨寄り)は歯の咬み合せの低い側、または咬みよい側に横方向のズレをおこすものです。このようにズレをおこしますと自覚症状がなくても、ぎっくり腰、腰椎ヘルニア、座骨神経症、腰が重いとか訴えをおこしやすいものです。
この場合右の一番奥ですから、大脳の右奥に血流不足の反応をおこし大腸(大腸と卵巣は同じ、つまり右の大腸ならば左の卵巣に異常をおこす)か直腸か子宮、前立腺のどれかが弱っているという事です。これらのうちどれかが癌の病気に罹っている人は必ず奥歯に入れ歯か抜けたままか、歯に冠をかぶせたり、つめものをしていたりまたは奥歯に対して前歯が高い反応をするものです(強くあたっているのか逆に隙間が大きいと歯が高いという反応もする時があるものです)。

そしてこれらの部位に血流が悪いものです。
(砂漠に植物を植えても水を与えないで肥料だけを与えると植物が枯れるように)
 

→「第95回 なぜ顎関節症は治せないのか?治せる人は少ないのか?」続きを読む(顎関節回復センター 顎関節症の治療)

第94回 熱中症・夏バテ

熱中症・夏バテが起こる理由と血流の関係

高温による外的障害を受けて体全体が血液の流れが悪く、体に熱がこもり汗が出やすくなったり、逆に手足等に血流の流れが悪く、手足の部分的または手足全体が冷え性をおこしたりするものです。
つまり車のラジエーターが故障したのと同じです。

このタイプには3種類があります。

顔(顔つき)で申しますと、

(1)
顔の左右の頬骨が正常よりも前方にズレそして下顎が逆に正常位置よりも奥へズレをおこしている場合、体の胴体部の背骨の上1/3は後方にズレ、背骨の下2/3は前方にズレをおこしているものです。頭のてっぺんの真中に前後に走る矢状縫合の左右の骨と骨との隙間の前1/3は正常よりも開き過ぎ、後ろ2/3は逆に圧迫しすぎるものです。(頭の後ろの後頭骨ラインも特に背骨の後ろ2/3と関係する部位はパニック反応をおこしているものです。)
この矢状縫合が開きすぎても、圧迫しても血流が悪く手足だけが冷え性となり、顔、体の胴体に熱がこもり汗が出やすいものです。
人によってはお腹が張ると訴える人もいるものですが、胴体部の真中から下のすべての内臓がパニックをおこしているものです。

(2)
(1)の逆で、顔の頬骨が正常位置よりも後方にズレ、おでこと下顎が正常位置よりも前方にズレをおこしているものです。
頭のてっぺんの矢状縫合も骨と骨との隙間も前1/3は圧迫、後ろ2/3は開き過ぎとなり、圧迫しすぎても、開きすぎても、血流が悪くなるものです。
(自分の体に対して強い薬はそれと関係する部位は開きすぎ、自分の体に毒は圧迫)
そしてこのタイプの人は鼻水が出やすくまたは咳が出ると訴える人もいるものです。

(3)
顔の頬骨、おこ、下顎がすべて前方のズレをおこし、その為に背骨のすべてが前方にズレ、頭の矢状縫合はすべて圧迫、そしてすべての内臓がパニック状態となります。

これらの(1)、(2)、(3)はすべて体がだるいと訴えるものです。

それではこれらを治すには顎関節症を治した上でもう一度、頚椎1番をアジャストするものです。
頸椎1番はアトラスオルソゴナールのテクニックを使うものです。
アジャストする事により、頭蓋骨の各骨、首、背骨の各骨、骨盤から足先迄の骨が一瞬にドミノ倒しの様にダラダラと動くものです。

ところが上下の歯を咬むと歯の咬み合せのバランスが狂っていますと、体の一部分のところに異常反応をおこすものです。咬まなければ、体全体が血流がよくなるものですが、咬むと異常をおこしたところを歯の咬み合せの調節をする事により、全体の血流がよくなり体が軽くなるものです。

顎関節症の治療 噛み合わせ 歯の咬み合わせ 顎の音、痛みを治す専門医 名医

顎関節症 顎関節症の治療方法 顎関節症 横浜 顎関節症 東横線 東横線沿線 顎関節症(神奈川県) 横浜市の顎関節症 全身の歪み ゆがみ 身体のねじれを解消 噛み合せの調節 咬み合わせ 噛合せ 咬み合わせ 噛合わせ 噛み合わせ 噛みあわせ かみあわせ 顎関節症と噛み合わせの関係 噛合わせと全身症状 横浜の病院 あごの痛み 顎の痛み 顎関節回復センター 顎関節.com 顎関節.net 顎関節.jp 顎関節症の治療 脳脊髄液減少症 病院 医者 評判 顎関節症の病院一覧 比較 くちこみ クチコミ 病院の口コミ 顎関節症の体験談 不定愁訴 慢性疲労症候群 顎関節症の治療

▲ ページの先頭に戻る